見出し画像

左利きキッズのお絵描きに。色鉛筆STABILO Easy colors

子どもたちの正しい鉛筆の持ち方をサポートする
STABILO EASY Startシリーズ

ドイツの筆記具メーカー「STABILO」(スタビロ)。
文具が好きな方ならきっと一度はお店で目にしたことがあると思います。左ききの道具店で扱うことになってその歴史を知ったのですが、世界で初めて蛍光ペンを発売したのはSTABILOなのだそうです(1971年)。

そのSTABILOが、人間工学に基づき、滑りにくく、長時間の筆記でも疲れにくいよう設計した筆記具を展開しているのがEASYシリーズ。中でも、子ども達のために作られた「EASY Start」の中にラインナップされているのがこの色鉛筆です。

お絵かきをしながら、自然に楽しくトレーニング

特徴は、太い三角の軸と、30度の角度になるよう彫られた溝。
親指・人差し指・中指をちょうど良い位置で固定し、フォームを安定させます。子どもたちが、お絵かきをしながら自然に正しい持ち方や力加減を身につけることができるよう、工夫されています。(写真は4歳児が持ったところ)

色鉛筆デビューにオススメの6色セットと、色のバリエーションが欲しくなる年少さん頃〜にオススメの12色セットをご用意しています。色合いもどことなくシックな感じで嬉しくなります。


左手用と右手用、両方あります

左ききの道具店なので、タイトルでは「左利き」を強調しましたが、もちろん右手用もあります。(ただし当店では左手用のみの取扱いです)

ちゃんと左手用が展開されている、ということが、左利きとしてはなんとも嬉しいところです。ちなみに、右手用との違いは・・

 
・パッケージの開く方向
 ・溝の入っている方向
 ・左手用のマークが刻印されている
 ・鉛筆のてっぺんの部分がイエロー(右手用はレッド)
   =右手用と混在してもすぐ見分けがつくためと思われます

単純に溝の方向を反転させて「はい、左手用です」というだけではなく、パッケージの作りや、使うシーン(右利きのきょうだいや友達と一緒に使う)のことまで考えられているというところに、作り手の強い思いを感じます。


大人でも使える、マットな質感とシンプルなデザイン

軸部分は、マットで上品な質感で、大人が使っても違和感のないシンプルなデザインです。軸の上の方には、左手用を示す「手とL」のマークが刻印され、よく見ると名前記入欄も設けられています。

軸・芯ともに太めなので、繊細な線を描くのは難しいかもしれませんが、疲れにくいので大人の塗り絵にも向いていると思います。

ケースは厚紙と透明のトレーでできていて、ややかさばるのと、耐久性には欠ける印象ですので、コンパクトに収納したい場合やよく持ち歩きされる場合などは、別でケースをご用意いただくのが良いかもしれません。

専用シャープナーについて

この色鉛筆は普通の鉛筆よりも太いため、削るには専用のシャープナーが必要です。(12色はセットに含まれます。6色は通常別売ですが2018年11月末までの期間限定でプレゼント実施中です。)

この専用シャープナーも、もちろん嬉しい左手専用。回す方向が右手用とは逆になっているんです。
店長の私は左手用の鉛筆削りを使うのはこれが初めて。最初こそ少し戸惑いましたが、力の入りやすさと削りやすさにちょっと嬉しくなってしまいました。
残念ながら普通の鉛筆はキレイに削ることができないのですが、他メーカーの太軸鉛筆でうまく削れるものもありましたので、参考までに。

楽しくスタートできる持ち方レッスン

鉛筆を正しく持てるようになることで、疲れづらくきれいな字が書けるようになるというのはもちろん、お箸の持ち方がスムーズに身につくメリットがあると言われています。本格的に字を書き始める小学校入学までに、親子で気負わず楽しみながら身につけていけたら良いですね。

購入ページはこちらです(左ききの道具店)
 6色セット
 12色セット


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、撮影小物や資料などの購入に充てたいと思います!

16
左ききさんにうれしい道具のお店です。店長は文具・道具が好きな左利き、そして2児の母(5歳と2歳)です。 https://hidari-kiki.shop

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。