「就活ルール廃止」で何が変わる?

2018年10月10日(水)20:00~ 近未来カレッジVol.34の第2部で、「『就活ルール廃止』で何が変わる?」という題目で、解説しました。

メルマガなどを大いに参考にさせて頂いている、人事コンサルタントの城繁幸さんの考えを引用させて頂きながら、自分の考えをミックスした内容にしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

就活ルール(以下ルール)とは?

日本経済団体連合会(以下経団連)が、採用活動(学生からすると就職活動)について、主に時期を揃えることによって、大学生の勉学にできるだけ影響しないようにしようと、加盟企業に対して定めた取り決めだ。

具体的には、3/1から企業説明会を開始、6/1から採用面接を開始、10/1に内定式とし、インターンと採用を切り離すという、採用時期以外の取り決めもある。

これらを廃止することを経団連は正式に決めた。2021年春入社からとのことなので、現3回生まではこれまで通り、現2回生以降が影響を受けることになる。

経団連とは?

経団連(以下、分かりやすく「大企業」)は、日本を代表するような大企業1400社弱が加盟している団体。職員も200名以上いて、団体というよりひとつの企業のようだ。東証1部上場企業が約2000社強なので、かなりの影響力を持った団体であるというのが分かる。

なぜ就活ルールを廃止するの?

就活ルール、特に採用時期については、前倒ししたり後ろにずらしたりと、これまで何度も変更されてきた。

なので、普通の人は「今までの延長線上で、時期を動かすだけでは?」と思うかもしれないが、過去の見直しとは全く違う。「就活ルールの変更」ではなく「就活ルールの廃止」。なくなるということだ。企業みんなでルールを守って、よーいどんで始めましょう!ではなく、自由競争になる。

じゃあ、「なぜ就活ルールを廃止するのか?」。

理由は「新興企業・ベンチャー・外資系企業など、経団連非加盟企業がルールを守らず、早い時期から採用活動をし、先に学生を獲ってしまうから」だ。

まあ彼らからすると、経団連には加盟していないのでルールを守る義務はないが、日本を代表する大企業たちは、いい学生が入ってこないので、大いに困っているというわけだ。

その結果、今では面接解禁日を守らない企業が6割を超えている。おそらく、経団連加盟企業でも守っていない企業はあるだろう。

これって、今に始まったことなの?

昔はルールをみんな守っていたが、最近になって守らなくなったの?とは思わないだろうか?。

実は、昔から形態は違えど、一定のルールはあった。そんな中、守っている企業と守っていない企業、両方あった。ルールを守らない企業は昔からあった。今に始まったことではない、ということだ。

これまで大企業は、黙認してきたということ。なぜ黙認できたのか?。これまでは、新興企業などから先に内定を貰っていても、それらを断って最後は大企業にみんな来ていたからだ。だから先に学生に唾をつけられていても、放っておけた。

それが、10年前くらいから風向きが変わってた。東大生の人気就職は昔なら金融機関や総合商社でしたが、DeNA・GREE・サイバーエージェントが新御三家になった。みな、経団連非加盟企業だ。

今では、(一般的には)無名のベンチャー企業にいく、あるいは海外の企業にいく。

ファーストリテーリング(ユニクロ)などは1回生から内定を出し、アルバイトをさせながら経験を積ませ、入社と同時に店長をさせている。海外インターンもある。

このような惨状なので、これからは新興企業や外資系企業から、ガチンコで優秀な学生を奪いにかかる。中西経団連会長の「就活ルール廃止」は、新興企業などに襲い掛かる「号砲」ともいえる。

それでも大企業に勝ち目はない

この続きをみるには

この続き:4,681文字

「就活ルール廃止」で何が変わる?

皐月秀起

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、ありがとうございます。励みになります!。
3

皐月秀起

リーダーズカフェ~関学生のための学べるコミュニティ~

NPO法人リーダーズカフェのイベント・勉強会(近未来カレッジなど)での学びをシェアしたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。