仕事で悩んだり困ったり、打つ手無しと思い込み始めたら、とにかく電話をかけまくる。

というわけで、僕は実家のある岡山に移り住んで15年ほど経つわけですけど、仕事上で次の一手を考える時の相談相手がなかなか出来ず、いまだに東京に戻っては人と会って相談していたりします。

仕事で行き詰まることなんて、なかなか無いのですが、数年に一度、大きな谷間にハマることがあります。

で、今がその谷間にハマった状態。

先週も上京したんですが、そのときはなかなか仕事の相談をするという時間が取れず、逆に相談を聞くという立場になることが多かったので、悩みのフラストレーションが溜まりがちでした。

そんなとき、今の僕の置かれた状況で少しでも問題を解決したい時は、とにかく在京の友人に電話します。

メールやLINEが通常のコミニュケーション手段になった今では、電話と言うのは昔でいう「会って話す」ぐらいの生々しさがあるように感じるからです。

雑談やお互いの近況報告をしながら、悩みを打ち明けます。

仕事の悩みなんて、わりと九割がた自分の思い込みなので、電話から得られる成果というのは、

「なんだ、俺はそんなちっぽけなことで悩んでたのか」

となることかもしれません。

今の僕は、仕事で悩んだり困ったり、打つ手無しと思い込み始めてるようなので、とにかく電話をかけまくってみます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさまからの応援は、本を購入したり、音楽を聞いたりすることに使わせていただきます。応援していただけるとうれしいです。

25

ビデ

アイデアのスープnote

コメント2件

似たこと、私もよくします(^^)
仕事で分からないことがあったら、まず検索します。壁に当たったら、喫煙コーナーに行きます。技術者がいたら声をかけて、相談します。喫煙コーナーは気を抜く場所なので、色々とヒントを教えてもらいます(^^)ですので、喫煙コーナーに行く時は、タバコとペンと紙は必須です(^^)
なるほど、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。