SNSで発信する時は、「学会」を決める。

どうも、佐伯ポインティです!

僕は今年に入ってから「猥談タウン回覧板」という、様々な性癖・性体験を取材した週刊メルマガをやっています。

これまで取材した人は、高校の学歴に性的に興奮する女性、ご主人様のいる女子大生、世界中を放浪した絶倫、妻の彼氏と一緒に住む一家、彼女が多重人格になって5人格とセックスした男性…などなど、めちゃくちゃ素敵で面白い話を取材できました。

ふと、自分で思ったことがあります。「なんでメルマガを無計画にスタートした割に、色々な性癖・性体験をもつ人に取材できてんの…?」と。

僕は計画を立てるのがマジ苦手です。コルクで働いていた頃、「長期スケジュール」とか立てるのめっちゃ嫌で、提案が遅くて佐渡島さんにしっかり怒られてました。

でも、長期的なスケジュールを立てなくても、毎週毎週、誰か1人には、猥談メルマガで取材できそうな人に巡り会えているのです。

元々、取材対象の方全員と知り合いだったわけじゃありません。エロデューサーを始めて、メルマガをやっていく中で、SNSを通じてDMが来たり、猥談好きな友達にある時紹介されて、知り合った人が多いです。

ある時ヨッピーさんに、最近こんな性癖の人がいて…という話をした後に「だんだんエロい人の情報が向こうから来る感じします」と言ったら「情報は発信するところに集まるからな!」と教えてくれました。

確かに、銭湯を取材して記事を書いて、「銭湯神」を名乗っているヨッピーさんの元には、一人で情報収集するより多くの、日本全国の銭湯の情報がフォロワーから集まっているでしょう。

例えば、ジモコロ編集長の柿次郎さんの元には面白おじさんの情報が、noteを沢山書いている最所さんのところには小売とコミュニティに関する情報が、それぞれ集まっていそうです。

でも、例に挙げた3人には「発信している」だけではない共通点がありそうです。「情報は発信するところに集まる」に加えて、

「情報量が濃いと、欲しい情報が集まってくる」

ということになるのではないか、と思っています。つまり、

自分の発信する情報量を濃くすればするほど、欲しい情報の方向性が正確に伝わるので、欲しい情報が集まってくる。

例えば「パンが好き」という発信してる人と、「ほんのり甘いメロンパンが好き」という発信をしてる人では、たった9文字の違いなのに、情報量が結構違います。

前者にオススメするにしても、どんなパン屋が好きそうか分からないので、何を勧めたらいいか分かりません。

後者には、とりあえず甘すぎないメロンパンを売ってるお店を発見したらオススメできます。

つまり、他人が「あなた、コレ好きそうやん?」と相手にオススメできるかどうか、には情報量の差が関係していると思うのです。

現実の人間関係だと、情報量が多いので、相手が何が好きで、何をオススメしたらいいのか分かりやすいです。

でも、SNS上の人間関係で難しいのが、様々な情報を発信してると、情報の方向性がバラバラになってしまうことです。

ニュースも、面白い記事も、最近あったことも、好きな食べ物も、観た映画も、全てツイートしていたら、その人がどんな情報が特に好きそうか、他の人がリコメンドしたくても分かりません。

その人個人の情報量が多くなっているようで、実は、受け手側にとっては、情報のベクトルが増えて、処理できない状態になってしまう。

そこで、SNSで情報の発信と収集をしていく上で、イメージとしてピッタリなのが、「学会」です。(wikipediaによると「学問や研究の従事者らが、自己の研究成果を公開発表し、その科学的妥当性をオープンな場で検討論議する場」だそうです。)

自分が何をテーマにした学会にいるのか。その学会には、他に誰がいて、どんな研究が発表されているのか。

ある程度、数を絞ってテーマを決めて、それだけを発表し続ける。学会を決める上では、「とりあえずこれにしとけ!」みたいな、えいや!があると良いと思います。

そういうイメージでSNSを使っていくと、自分のテンションがアガる情報を、会ったことのないフォロワーの方からもらえたり、SNSを見た人が現実で情報をくれたり、するハズです!

(ポインティは“猥談”学会にいるので、いろいろな性癖・性体験の情報、お待ちしております♡)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたがサポートすると僕のお腹が大きくなります♡

いい波乗ってんね〜〜〜〜〜!
142

《noteで書くって、なんだろね?》 初心者のためのマガジン

note初心者の五百蔵がnote内で迷子にならぬように、 自分をはげまし鼓舞するために集めたもの。いや、いまも集めているもの。 当然ノウハウ的なものもある。カイゼンについてのもある。 基準は独自。何を書いたらいいか考えていきたいから、そんなのも集めている。 #note初...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。