見出し画像

わずか50日で収益化出来た「理由」と「想い」を伝えたい。

ポイントは、
「想いを届ける相手の選定」と、「どれだけ愛情を文章に込めれるか」、だけである。

優先順位の重要性

僕は収益化の優先順位がとても低く、第一優先順位に収益は入っていない。

それもそのはず、僕の第一優先は、会社内のある「特定の部下」に向けて、いつもブログを書いているからだ。

「いつか心に響く日が来れば、嬉しいな!」という気持ちで、毎日綴っている。

目的が部下の教育であって、収益化が目的ではない。

だからこそ、文章を毎日のように書き続けることが出来るし、目の前の閲覧数など気にしたことすらないのである。

部下と一緒にいて、感じたことを淡々と綴る。

もし、部下の成長の前に僕がブログを辞めたとしたら、僕の負けだ。

上司が部下の教育を放棄したとすると、もはや上司ではない。

だからこそ、特定の部下に向けて綴ることが出来る。

これが、収益化が目的だとしたら、50日、100日、300日と収益が上がらなかったら、「何のために書いているのだろう?」と思い、辞めてしまうはずだ。

今回はたまたま収益化に繋がっただけで、次回も求める愚かな行為はしない。

収益、収益と念仏のように唱えてはいけない。

そんなことより、目の前のことに一喜一憂せずに、淡々と愛情を込めて、その特定の相手に「ラブレター」のように書いてみよう。

何でもそうだが、継続が一番大切だし、強い。

愛情があれば、続けられる。

収益化出来た理由**


収益化出来た理由は、簡潔に「特定の個人」に向けて、発信していたからだ。

先ほども述べたように、僕は「特定の部下」に対して感じたことを、毎日綴っている。

多くの人が間違いを犯すケースにあるのが、「皆に向けて書いている」というケースだ。

少し良くて、「30代男性に向けて書いています!」くらいが多いと思う。

僕は、「異業種から来たセカンドキャリアの転職組で40代男性、真面目だが不器用な性格、同時にタスクを処理をする事が苦手な人、、、、」と、書ききれないほど、明確にその人に向けて書いている。

細かければ細かいほど良いと思う。

皆に向ける文章は、皆には響かない。

ラブレターと一緒である。

皆に万人受けするラブレターではなく、「あなたに」向けたラブレターだからこそ、届くのだ。

マーケティングと、一緒ではないだろうか。

商売で考えると、万人受けを狙った居酒屋より、一転集中のコテコテの親しみやすい居酒屋の方が繁盛する。

ブログも一緒である。

「特定のあなた」に向けて、書こう。

応援してくれるあなたへ**


ここから先は、読み進めなくても良いかも知れない。

なぜならば、とにかく感謝を伝えたいだけだから。

8月12日の午前3時にソファーで寝落ちしていた僕は、ふと起きた。

ちょうど、ブログを書きながら眠ってしまったようだ。

再度、書き始めようとすると、一つのメッセージが届いていた。

「いつも素敵な記事をありがとうございます。良本を読み終えた時と同じ満足感があります。」と、始まる入金のコメントだった。

つまり、良本と同じ金額を入金してくれたということだった。

ビックリしたと同時に、あまり理解が出来なかった。

それもそのはず、収益化など考えていなかった為、口座の設定もしていなければ、入金システムがあること自体、知らなかったのだ。

次第に目が覚めてきて、もう一度文章を読み直してみた。

読み解いていくのと同時に、自然と涙が出ていることに気付いた。

嬉しすぎて、言葉が出なかった。

もし、収益が目的で書いていたとしたら、このような感情にはならなかっただろう。

この時の感情は、人生において、なににも代えられない。

一生、忘れられない。

本当に、ありがとうございます。

ありふれた言葉でしか、感謝を表せないのですが、この御恩は、文章で返していきます。

引き続き、どうぞよろしくお願いします。

追伸

文章を書くことは、愉しい。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

19歳で天涯孤独になり、僕に残されたのは、唯一「話術」のみだった。 当時、甘ちゃんだった僕は独学で心理学を学び、1200冊の読書を通して、営業力・出世術を身につけた。 僕が10年間かかったノウハウを圧縮して、文章として綴る。 同じ境遇の人や、頼る人がいないあなたに届けたい。

励みになります!!
71

秀吉@不器用なヤツほど売れる営業

「不器用なヤツほど売れる営業術」を発信。 19歳で”天涯孤独”になりスキルもコネも無かった僕。 1200冊以上の読書、失敗と挫折を繰り返し、営業の世界で最年少会社役員に抜擢。 実績:4年連続4億円の売上を叩き出しグループNo1達成。活動:【営業の戦術】をサイトで情報発信。

コメント6件

コメント失礼いたします。
こちらの記事、時々拝見させていただいておりました。

なるほど、そういう秘密があったのですね。気づかなかったです......。
秀吉さんの記事は、考えさせられる内容が多いです。ですので勉強になります。
貴重な情報、毎回ありがとうございます。

また、フォローしていただきありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
かなったさん

コメントありがとうございます。

何度か見て頂いていたのですね!

とっても嬉しいです。

ぜひ、お時間ある時にまたお邪魔してやってください^_^

こちらこそ、これからどうぞ宜しくお願いします!
秀吉さんの記事からはいつも言葉の重みを感じていました。
うまく表現できませんが、言葉に魂が入っている感じです。
私は経験からくる言葉だから重みがあるのだと思っていましたが、今日のブログで納得です!
愛情を持って・・・一番大事なことですよね!
ありがとうございます!今日も勉強になりました(^_^)ゝ
TAKKさん

いつも見て下さってありがとうございます。

歳上の部下に対して、「あらゆる方向から気付いて欲しい!」という気持ちから始めました。

ただ、押し付けの愛情にならないように気をつけています。


余談ですが、「1人の部下」にだけ、このブログの存在を教えています。

日記みたいな感じで振り返ってくれれば、宝物になるのかな?なんて考えたりしています。

TAKKさん、とても温かいコメントだったので、僕もつい話しすぎてしまいました^_^

これからもよろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。