【住宅の知識】とても重要な断熱材の比較

【断熱性能で選ぶために必要な知識】

近年の断熱性能はひと昔に比べると飛躍的に高くなっている。

北海道では、厳しい寒さの中で、快適に暖かく過ごすには、家づくりの必須項目である。

【断熱材の種類や性能】

断熱材とは、家の外の熱(寒・暖)を遮断し、家の中の保温効果を高める 。

住宅営業マンが良く言う『夏は涼しく、冬は暖かい』ことである。

【断熱材の種類と特徴】

現在は多種多様な断熱材が存在する。

ハウスメーカーや工務店によって、使用している断熱材が異なる。

断熱材と断熱性能の違いを理解しておくことが、各社を比較する基準のひとつとして考えられるわけだ。

それぞれ簡潔に説明していくことにする。

【繊維系】

複雑に絡み合っている細かい繊維の間に空気を閉じ込めることによって機能する断熱材 。

繊維の太さや密度によって性能が左右される。
防音効果もあるため内断熱で多く用いられる。

グラスウール

ガラス(主にリサイクルガラス)を高温で溶かし、綿状にした細い繊維の集まり。価格が安い、湿気に弱い。

ロックウール

岩を原材料にしたロックウールは燃えにくいので火に強い。湿気に弱い。

セルロースファイバー

回収した新聞古紙を主原料にした環境に優しく吸放湿性、防音性、防火性、防虫効果がある。

【発砲プラスチック系】

ポリスチレンフォーム(ミラフォーム)

断熱性能に加え水気に強く、防露に威力を発揮します。※基礎断熱に適している。

ウレタンフォーム(スタイロフォーム)

水に強く軽量なので施工もしやすい。燃えやすい性質がある。

フェノールフォーム(ネオマフォーム)

熱に強いフェノール樹脂を使用して、さらに断熱性の高いガスで発泡して気泡構造を生成する※壁断熱に適している。

吹き付きウレタンフォーム(アクアフォーム)

特殊なスプレーガンで壁に吹き付けると膨らんで固まる素材で隙間も埋め、複雑な場所の施工に力を発揮する※価格が高い。

【高断熱住宅の効果】

ヒートショックを防ぐことが出来る。

年間に約17,000人がヒートショックが原因で亡くなっている。

急激な温度変化により、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまう。

部屋内の温度差を少なくすることが、ヒートショックの防止に役立つ。

**

【北海道の場合】**

北海道は、昼と夜の気温差が激しい。
真夏は、夜の冷えた温度を夕方まで保つことが出来る。
真冬は、室内温めた温度を保温する役割がある。

現在の住宅は、高気密・高断熱が当たり前である。
どんなに高気密・高断熱でもハイコストでは意味がない。

重要なのは【性能と価格のバランスが大事】ということである。

ただ、意外にもデザインが突出している会社は、性能が良くない傾向にある。

ぜひ、以上な点を踏まえた上で、「良く見て、聞いて、調べて」みよう。

#ビジネス

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

19歳で天涯孤独になり、僕に残されたのは、唯一「話術」のみだった。 当時、甘ちゃんだった僕は独学で心理学を学び、1200冊の読書を通して、営業力・出世術を身につけた。 僕が10年間かかったノウハウを圧縮して、文章として綴る。 同じ境遇の人や、頼る人がいないあなたに届けたい。

いつもありがとうございます!!
13

秀吉@惹きつける営業力

「不器用なヤツほど売れる営業術」を発信。 19歳で”天涯孤独”になりスキルもコネも無かった僕。 1200冊以上の読書、失敗と挫折を繰り返し、営業の世界で最年少会社役員に抜擢。 実績:4年連続4億円の売上を叩き出しグループNo1達成。活動:【営業の戦術】をサイトで情報発信。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。