転がる

坂道を転がるように落ちて行く

そんな夢を見た

坂の下には、猫がいて

なぜかミャーミャー鳴いている

ああ この猫は僕なのだと

抱き上げて

家に連れて帰ろうとするが、

家がどこだかわからない

悲しくなってワーワー泣くと

猫が僕を抱きしめてくれた

ああ 僕はこの猫なのだと思いながら

坂道を少しずつ上る

僕と猫は坂の上にたどり着いた

高台から僕の家が見える

僕が「ニャー」と鳴くと

猫は僕の胸から飛び降りて

「またね」と手を振った

あれっ 何だかおかしいぞ

そう思った瞬間

猫は急いで駆け出して

坂道を転がるように落ちて行った


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23

東田直樹

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。