ぼーっと目覚めた朝は

眠い目をこすりながら

ゆっくりと体を起こす

さっきまで見ていた夢を思い出そうとするけれど

記憶してはいけない約束でもあるかのように

どこかに消え去ってしまう

(こんなことも思い出せないの?)

責める僕を慰めるように

やらなければいけない現実が僕をせかす

起きて5分もすれば 昨日見た夢は幻と化し

僕の頭の中には

夢を見たという事実だけが残るのだ

それでも

幸福な夢を見た朝は喜びにあふれ

不幸な夢を見た朝は悲しみにひたる

これは現実ではないと知りながら

一喜一憂する自分がもどかしい

夢とは

ひとつの人生だけしか生きられない自分へのご褒美なのか

ひと時の幻に心が酔う

カーテンの隙間から漏れる光を目で追いながら

僕の一日が始まった


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

東田直樹

コメント2件

こんばんは。夢はご褒美、、、そう考えたら眠るのが楽しみになりますね。
幸福なご褒美が届きますように✨
ちぃ坊さんへ いい夢を見た日は、得をしたような気分になります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。