生まれる前から知っていた


見知らぬ人が声をかける。

「あなたは誰?」

自分が誰だったか覚えていたはずなのに、

今はただ、教えてもらった名前を繰り返しつぶやくだけ。

目の前を行き交う人々は、別の次元で生きているかのようだ。

きっと、少し前までは、ヒロシもこの世界の先頭を走っていたに違いない。

気がつけば、次々とヒロシは追い越され、みんな去って行った。

どうしてだろう。

ヒロシの脳は、ある日考えることをやめた。

誰かが微笑みかけてくれれば、ヒロシは笑う。

誰かが歌ってくれれば、ヒロシは耳を傾ける。

みんながやさしくしてくれるけれど、ヒロシの心は晴れない。

これからどうなるの?

何をしたらいいの?

とらえどころのない不安に押しつぶされそうになりながら、

現実を見ないようにして眠りにつく。

ある日、ヒロシの名前を呼ぶ声が、こだまのごとく、

そこらじゅうに響き渡っていることに気づいた。

こんなに名前を呼ばれたのは、いつ以来だろう。

ゆっくりと目を開けると、目の前には、懐かしい人々の顔、顔、顔。

「ああ、よかった。

私の大好きだった人たちは、ここにいたんだね。」

手を伸ばしたつもりが、ヒロシには、その手が見えない。

競争は終わったんだ。

そう悟ったとき、ヒロシの体は宙に浮き、夜空に吸い込まれて行った。

小さな青い星は地球だった。

生まれる前から、それを知っていたことを、

ヒロシは天に昇る瞬間思い出した。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

東田直樹

作家 東田直樹 オフィシャルサイトはこちら→ https://naoki-higashida.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。