私は私

見ているだけでは出られない

じたばたしても向こうに行けない

どうしてなの

冷たいガラスにはばまれた私の世界

きれいな羽を持っていても

お花の側に行けなければ

蝶である意味などない

誰かさらって

私を大空に解き放ってくれたなら

この羽をあなたにあげる

羽をなくした蝶は

蝶と呼ばれなくても

私は私

お花の側で息絶えるなら

それは本望

ここで息絶えるなら

それは絶望


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

25

東田直樹

コメント2件

東田直樹さん
ちぃ坊さんのご紹介でフォローさせて頂きました😌✨とても素敵で心温まる詩でした。共感もしました。
これからnote読ませて頂きます☺️🍀
KOKAGE さんへ とてもうれしいです。ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。