えっ19世紀のテクノロジー使ってるの?私が電話と取らない理由と嫌いな理由。

電話は嫌いだから取りません。以上(笑)

この記事はインフォメーションの意味合いもあるので、無料で公開いたします。みんな見て!そして最初に言っておくよ。全力で声に出すよ。

「電話取らないのわざとです!すいません!」


電話嫌い

はいさいヒガシーサーです。私は電話嫌いで有名です!!

かどうか知りませんが、友人知人、先輩、恩師問わず電話は取りません。世界一平等に電話は取りません。

家族以外の電話に出るのはまずテンション下がりますし、着信が鳴ってることに気づいていても取りません。

商工会からもよくかかってくるけど、一切取りません。なんかあるならメールしろや。

そしてあとからメッセージで「ごめん、電話取れんかった。何の用?」と返します。

電話を取らんかったのに、とりあえず社交辞令的に「電話取れんかった」と言い訳します。

ダメなやつですね。

その理由を今回はお話していきます。


電話はストレスしか残らない

電話はその通話に対応してる時間すべての作業がストップします。だから私からの都合でかけるときはほとんどメッセージを送ってから電話をかけます。

なぜか?

電話は時間を奪うのです。

私は時間が惜しい。一分一秒たりとも無駄にしたくない。もしそのとき子どもたちと遊んでいる時間なら、電話に出ると子どもたちとの遊びがストップします。

それも相手都合でかってにコチラの時間を奪うのです。それが私はとても嫌い。だからアポなしの電話は絶対に取らない。

というかそもそも電話って19世紀のテクノロジーよ?まだ使うの?グラハム・ベルすごいな。


対面で話してるときは絶対に何があっても取らない

私は目の前でコミュニケーションを取ってる人が一番大事です。

だから目の前の人を差し置いて電話に出るなんてことは、よほどのことがないかぎりしない。

なぜなら・・・電話を取った瞬間。コミュニケーションが途切れるし、相手、私、通話中の相手の3方の時間を奪うからです。

人がやるのは別に気にならないけど、私自身はやりません。

とりあえず時間を奪う電話が嫌い。それだけです。


メールも返さない

基本的には業務連絡以外のメールも返しません。読んではいそうですかで終わります。

とくに最近多いのが、何かを教えてくださいというメッセージです。

ブログからお問い合わせでメールをくれるのは嬉しいですが、その内容が腐っているとき。

今日も2通ありました。

「同じ沖縄なので会ってアフィリエイトを教えてくれませんか?」みたいな。

私は自分で言うけど優しい人間です。ほんとは会ってあげたい。教えてあげたい。でも絶対しない。

くれくれ星人でこちらの都合を考えていないメッセージには無視しかできません。ツイッターも無視、フェイスブックメッセージも無視です。

なぜか?


気遣いのないコミュニケーションは私は疲れる

私は弱い人間ですし、性格も悪いです。

だから人と話すときにとても気疲れします。それがない人もいるそうですが、信じないです。

そんなわけないと思っている。

相手の時間、相手の都合、相手への敬意。

そういうものをまとっていないコミュニケーションは私は受け取りません。そして大事なことを言わせてもらう。

そんなコミュニケーションを捨てると人生はラクに前に進んでいく。


友達の電話に対する弁解

えーっとマジですいません。電話取らなくて(笑)

先輩もすいません。

でも悪気はないんですよ。ただほんとに自分の時間が相手の都合で奪われるのが嫌なだけです。

私は毎日忙しい。

常に何かを考えているし、家族とも過ごしている。

その時間を奪われるのが嫌なので、もし連絡を取りたい場合は、一回チャットとかそういうので連絡をしてもらえるのが嬉しい。

なぜならお互いに時間を作れるし、要件も聞いておけるから、通話時に無駄話をしなくていい。

私はそういうスタンスなので、電話取らないってことを前提に電話をくれ。

別になんかの都合が悪くて取らないわけじゃない。わざと取らないだけだから。


サラリーマンにはできない電話不要論

なんか必ず着地はサラリーマンに降りていくわけだけど、サラリーマンって絶対に電話を切り離すことができないですよね。

できるはずなんだけどできない。

それなぜだか分かりますか?

チャットとかAIとか知らない人と関わってるからです。相手のコミュニケーションツールが電話やFAXだけだと、どうしてもそうなるじゃないですか?

私は今のところそういう方々とお仕事をする機会がないので困っていない。今は。いずれはどうか知らんけど、なるべく関わりたくない。だって電話ですよ(笑)いつの時代の発明だよ。19世紀ですよ。

1876年に特許出願ですよ!いま2016年って知ってるのかな?


名刺から電話番号を捨てました。

それに名刺から電話番号も住所もメールアドレスも捨てました。

あるのは「ヒガシーサー」という表記とツイッターのアカウントアドレスだけ。必要だったらググればヒガシーサーの個人情報死ぬほど出てきます。

メッセージのやりとりはSNSでお願いします。

私は19世紀のテクノロジーを駆使する人たちよりも、2016年のテクノロジーを駆使する人たちとつながっていきたい。

そっちのほうがお互いに楽しいと思うんだ。だからそういう必要のないものをゴミ箱にポイしたのです。


心地よいコミュニケーションは人それぞれ。

電話が好きな人もいれば、嫌いな人もいる。

そういうもんなので、私は電話を取らないし、コミュニケーションツールとしては「家族のみ」としています。

チャットがいいよチャットが。チャットなら即レスよ。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

プロブロガーと年商5億生み出す実業家の3ヶ月限定マガジン。地方で楽しく生きるためにぼくらがやっている仕事術を語ります。

または、記事単体で購入する

えっ19世紀のテクノロジー使ってるの?私が電話と取らない理由と嫌いな理由。

ヒガシーサー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事がいいなと思ってシェアしてもらえると沖縄に遊びに来たとき良いことあります!(多分)

にへーでーびる!シェアさびたんな?
3

ヒガシーサーと上間社長の「こっちにおいで」

プロブロガーと年商5億生み出す実業家の3ヶ月限定マガジン。地方で楽しく生きるためにぼくらがやっている仕事術を語ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。