【デザインができるまで】 ロゴマーク〜まいみゅーじあむ〜


「マイペースで生きている人」ってどこか惹かれませんか。

誰の意見も聞かないわけじゃないけれど、
なんだか肩肘張らずに生きている。
見ていると安心できて、こっちまで自然とゆったりとしたペースになれる存在。

そんな素敵な雰囲気をお持ちの、まいみゅー(@maimuuseum)さん。

まいみゅーさんのブログは、たんたんとした文章が心地いいです。
読んでいるとなんだか元気がもらえます。


わたしはご縁があって、以前からまいみゅーさんとは交流させていただいていました。

そして「一緒になにかできたらなあ」と思っていたある日、こんなツイートを見かけます。

わたしのデザインのお仕事募集中というツイートに

「世界観が好き」
「お仕事頼みたい」

と書いて下さってるではないですか!

こんなツイートを見て喜ばない人はいませんよね。
しかも好きな雰囲気をもつ方からの言葉だったら尚更のこと!

瞬間、わたしはすぐさまDMをしました。

まいみゅーさんのブログが好きで、「まいみゅーじあむ」って言葉も大好きなので、それが入ってるデザインを何かやりたいです!

いきなりでも具体的じゃなくてもいいです。
やりたいと思ったときが一番成果を出せると信じているので、不躾なのは承知で思いを伝えました。

するとすぐに返事をくださり、なんじゃかんじゃあって…

では、ブログタイトルのロゴデザインとかはどうでしょう。ひまわりフリー素材だし、どうにかしようとおもいつつ、放置ポイントなのです。

ということで、若干強引ながらもまいみゅーさんのブログのロゴデザインをさせていただくことになりました。

大切なのはロゴにかける思い

わたしがまいみゅーさんに惹かれた一つが
「まいみゅーじあむ」というブログタイトルのセンスです。

まいみゅーさんのマイペースな感じ、ゆったりした感じ、あたたかさなどが、ちょうどいい感じに表現されています。
語感もよくて、一度聞いたら(見たら)忘れられない魅力があります。

わたしは詳しいヒアリングをする前から、このタイトルが全てを引っ張ってくれるだろうと確信していました

なぜならロゴを作るときに大切な、ロゴにかける思いが詰まっていると感じていたからです。

ところが、実際に由来を聞くと…

半分ダジャレでつけたと仰っていました笑

museumにはそんなに深い意味はないらしいです。

本名(名前)+名字のイニシャルMから始まる言葉が由来

とは言え、そんな気軽さで自分にぴったりのものを作られているのも事実。ロゴ名に名前が入っていることも確認できたので、

まいみゅーじあむ

maimuuseum


mai(my)+ mu(u)seum
わたし(まいみゅーさん)のあたまの中

を表すロゴを作っていこうと初期段階で決まりました!

デザインをする上で指針となるキーワードの設定

では「まいみゅーさんの頭の中」は、具体的にどのようなイメージでしょうか。

ヒアリングを進めていくと

・難しくないかんじ
・アイコンのキャラクターの雰囲気を表してほしい

との声がありました。
まいみゅーさんのアイコンはこちら↓


これらの要望とアイコンのキャラクターから、デザインをする上での指針となるキーワードを設定します。

コンセプトや雰囲気を表す言葉を抽出し、連想されるキーワードを挙げました。

言葉から連想されるキーワード
・頭の中 → 入れもの・顕微鏡・覗く・透視・ビデオ
・ちょと足りない感じ → 欠ける・少ない・薄い・短い・軽い・狭い
・楽しさ → 動き・ユーモア・興奮・ワクワク
・柔らかさ、あたたかさ → 曲線・やさしい色・かわいい

この作業をすることで、具体的な形を考えるときに迷うことが少なくなります。

ちなみに今回は、ガチガチに方向性を決めるのではなく、あえて複数のキーワードを出しました。
これには、まいみゅーさんのゆるいイメージを残すという意図があります。

一方で、デザイン上の要望は以下の通りでした。

デザイン上の要望
シンプルなもの、最低限の文字やロゴだけ
・イメージカラーの黄色に合うような白文字+背景透過
・アイコンの頭にある葉っぱがいつかひまわりになる予定というイメージなので、ひまわりをいれてほしい

これで、パーツが揃いましたね。

ただひたすらに案を出していく


パーツが揃ったので、ここからはキーワードと要望を頭の片隅に置きながら、ひたすら案を出していきます。

意識するのはとにかく数を出すこと!

「フォントはどんなものが似合うだろう」
「あしらう形は何がいいかな」

と考えながら文字の打ち出しをしてみたり、

図形での表現を試行錯誤します。

デザインをまとめた本や、Pinterestを眺め、適切な表現を探っていきました。

また日常生活においても、わたしの目には設定したキーワードのフィルターがかかっています
ですから、パッケージを見るときや街を歩くとき、ポスターや看板を眺めるとき、料理をするとき…、つねに思考が巡るのです。

わたしは全ての行為がアイデアにつながると考えているので、意識と無意識を行ったり来たりしながら、案を出し続けました。

客観的に選ぶ

締め切りに合わせた期間中案出しをした後、その中からブラッシュアップするものを選びます。

案出しのときは数に重きを置きますが、ここではキーワードと要望にふさわしいかを意識します。

わたしはこだわりが強いせいか、客観的にならなければならない作業にいつも苦労します。今後の課題ですね。

今回は5つに絞った案をイラストレーターで書き起こしました。

完成のイメージに近づけていき、80%くらいになったところで提案します。

提案したものがこちら

まいみゅーさんから良い反応をいただいたので、一安心です。

すごい!

ぱっと見使いやすそうなのはA案
D案はファビコンとかにいいかも!と思いました
楽しそう。

でも実際使うこと考えたらやっぱりA!

ひまわりも物によってちょっとずつ違うしかわいいです

Aで、Bのメロンパンみたいなひまわりはどうでしょう

さらに的確に意見を下さったことで、今後の進め方が決まりました。

***

デザイナーの意見を通すことも場合によっては必要ですが、クライアントさんの意見を丸ごと信じるのも大切だと、わたしは最近思っています。

なぜならクライアントさんは制作者から切り離された客観性を持っているからです。どうしても作った側には、こだわりがあるので形が独創的なものになどに執着してしまいがちですからね。

また、ロゴなどはクライアントさんの顔になるわけですから、コンセプト説明はほどほどにして、エイっと当事者の無意識に任せてしまうのもありかなと思っています。

仕上げ〜デザインの精度を上げる〜

さあ、ラストスパートです!
あとはデザインの精度を上げていきます。

見た目の心地よさと視認性を高めることを意識し、

・文字間
・文字の太さ
・文字の角の丸さ
・白の分量

の調整を行い、晴れて納品となりました。

おわりに

今回のロゴ制作を通して、自分のデザインの手順や考え方を再確認することができました。

なかでも頭の片隅にコンセプトを置きながら、アイデアの数を出すことの重要性を身に染みて実感しました。
このような意識と無意識を行ったり来たりする行程は、今後も大切にしていきたいと思います。

最後にロゴ制作の機会を下さった、まいみゅーさんありがとうございました!

アイコンの頭にある葉っぱがひまわりになるのを楽しみにしています。

そしてここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございます!

スキやシェアしていただけると、めちゃくちゃうれしいです。
よろしくお願いします!

▼▼▼デザインのご相談はこちらから▼▼▼
DMにてご連絡下さい。

▼▼▼過去の制作物一覧です▼▼▼

---------

おまけで採用になったファビコン


***

今回紹介したプロセスは一例にすぎません。
わたしにとって現時点での最適解なだけです。

自分にあったやり方を試行錯誤して、
みなさんに合ったちょうどいい方法が見つかることを願っています!

***

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます! サポートいただいたものは、デザイン制作に役立てたいと思います!(^_^)

わーい!ありがとうございます!
18

たるみー

デザインができるまで【で?ザイン】

様々なデザインができるまでの制作過程を発信するマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。