るみ氏のジュークボックス

6
ノート

人は、「言わないこと」で出来ている|映画『ローマの休日』に思うこと

Anya, There's something that I want to tell you.
(アーニャ、君に言いたい事がある)
No, please... nothing.
(言わないで... 何も)

映画『ローマの休日』を初めて鑑賞した。白黒映画は正直、あまり観たことがなかった。というか、無意識に敬遠していたのかもしれない。古くさいし、CGや特殊効果があるどころか、何と言ってもやはり白黒

もっとみる

親友、悪友、腐れ縁。「いろいろな種類の友達」に想いを馳せた、10の音楽|Some Kinds Of Friends

友達っていいですよねー。

私はよく、友達っていいなー、と思います。

友達って、家族や恋人のように、血統や約束事で繋がっているわけではない、「あかの他人」です。自分の全てを知っているわけでも、生活をともにしているわけでもないです。でも、家族や恋人にも言えない秘密や相談を話せるのは、他でもない友達、という人は少なくないんじゃないでしょうか?他人なのに、他人じゃない。友達との関係って、なんとも不思議

もっとみる

Funny when you're dead how people start listenin' -- 彼の死に想う

エイプリルフールの冗談にしては、あまりにも遅すぎると思った。ジョークニュースにしても、何だかセンスが悪すぎる。

ああ。できれば信じたくない。

でも、そうなのかもしれない。

✳︎

2018年4月20日、若い才能の輝きがひとつ、この世界からぽっと消えた。誰が予測できただろうか、こんな出来事が起こるなんて。きっと誰も、1ミリも考えやしなかっただろう。

「Aviciiが逝った。」

彼の類い稀な

もっとみる

音楽を“よむ”ということ −− 和訳できない洋楽の、余白に耳をかたむける

母は、私と同じように昔から洋楽が好きだ。彼女が私くらいの歳の頃にハマっていたという80'sの楽曲、たとえば "I wanna dance with somebody"や"カーマは気まぐれ"なんかを耳にすると、あっ、と声を上げてすこし頬を緩ませる。

そんな母を見て、私もひと世代前の音楽を少しずつ聴くようになった。以前は「昔の歌なんて古くさい」としか思っていなかったが、私にもようやくマイケル・ジャク

もっとみる

パーティ、飲み会、お先に失礼〜。宴を中座した非パリピが帰り道に聴きたい3曲

もしきみがパーティや飲み会が大好きで、大勢の人たちとalways good timeを過ごすのが楽しかったり、隣の席の人とgood nightになりそなfeelingに胸を躍らせるタイプであるのなら、この記事はたぶん読まない方がいいよ。すぐにここを立ち去るのが身のためだ。じゃ、またね!

.

.

.

.

.

彼らはもう行ったかな?よし。

もう一度確認するけど、ここに残っているきみは

もっとみる

「英語が上達したいならTEDTalksを見ろ」がダルすぎる。そんな君には海外YouTuberをおすすめするゾ!

ん?英語が上達したくてここに来たのか?

いいだろう。このページを見つけたのはとても幸運だ。きみは読み終わったあとできっと私に感謝するだろう。(自分でハードルを上げてしまった...)

今回は英語の中でも、「話す・聞く」を上達したい人に向けて、私の英語上達のひみつを紹介するぞ!(なお、「読む・書く」はあまりカバーしてないのでご容赦あれ)

英語が話せるようになりたいんだけど、でも...

先日、私

もっとみる