見出し画像

理屈じゃなく

シーズンが始まりはや1週間、土日がオフになるという少しなれないスケジュールだが、今日は午後から自由な時間が長かったので、カフェで本読むといういかにもカッコつけた行動をした。
「ホットコーヒーだけで4時間も居座りよってケチな客やな2度と来んな。」
店員さんはそう思っていたことでしょうが、いい店だったのでまた行きたいと思ってます。

日曜の始動ミーティングから始まり、まずは5日間のトレーニングとなった。

ある同期に言われた。
「オフの間に意識高い系になってるね」
(かなりオブラートに包んだ。本当の彼の表現はもうちょいとげがあった。)

オフの間に本当に多方面の色んな人に会って話してもらったおかげで、新しい考え方が身についたのは事実だ。
ただのサッカー馬鹿だった自分が、少しはまともな考えを持つサッカー馬鹿になった感じがある。とても嬉しい。だから学ばせてもらった人全員に感謝している。

しかし、自分が根本的には変わってないことを強調しておきたい。

色んなことに興味は湧いたけどサッカーが1番なことに変わりはない。
むしろ、他を知ることによって、始めてからずっと心に刺さってた程度だったサッカーが、
心を貫いて動かない確固たる芯になった。

立教サッカー部に対しても同じで、
学生サッカーの価値とか
個人の市場価値とか
立教サッカー部の価値とか
あれこれ言うてるけど
結局は立教サッカー部がめっちゃ好きで

「最後の瞬間に部員全員で思いっっきり喜びたい」

根っこにあるのはこれです
主根から側根までこれです。

理屈じゃないところでそうしたいと思っています。
そう思ってしまったらもうあとはやるだけなんです。
もちろんまだまだ課題はありますが。やるんです。

明日からまた1週間始まる

ランメニューは好きになれないが、やるしかない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

hh1hijiri

立教大学体育会サッカー部/ 21歳/ 小さい頃から続けてきたサッカーについて考えを深堀りしたものを頭の整理兼ねて載せています。 ※発信内容は個人の見解です。 所属とは全く関係はありません。 twitter→@hiji1113
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。