データサイエンティスト・マルチリンガル論

Hikaru Kashidaです。
僕が誰かというと、2018年時点ではざっくりこういう者です。
Twitter / 取材1 / 取材2 / 取材3 / 登壇1登壇2 

↓ 本書きました。他の共著さんも結構面白いのでよかったらどうぞ ↓

とても昔に、データサイエンティストの定義について語る文章を書いたことがあるのですが、その内容を少しリメイク&加筆してnoteに載せてみたものがこちらです。

定義についてはとかく色々と言われがちな職種のようなのですが、ココでは僕の自分なりに思うことを書いていきます。

半ば独り言と思ってもらって大丈夫です。

なおこの記事は有料にしていますが、こちらのマガジンに入っているので、そちらを購入いただいても読むことができます。(そちら購入いただけると、他にも色々分析計のことを書いている有料noteもまとめてよめます!)

お断り

上記の通り、"データサイエンティスト" は其の定義や存在についてとかく色々と言われがちな職種だと思います。

それは結構なことなのですが、ひとつ僕がこの文章を書くにあたって避けたいと思っているのが『定義警察』的な人の議論に巻き込まれることです。

『定義警察』、つまりは、何かの言葉の定義について自分の考え(ときには社会の公式見解)と異なる言説について、厳しく取り締まる人が巷にはたくさんいると、世間ではまことしやかに囁かれている。

(下記はブロックチェーンの定義警察を警戒する人の例)

ってことで、この記事について意見をいただくのは大歓迎です、が。
定義取締り警察的な態度の人には、余り巻き込まれたくないなあ。

定義警察さま、どうか広い心で見逃してください。もしくは、自分の唱える定義と異なった言説に我慢がならないという方はそっとブラウザを閉じていただけると...

ってことで、本文に入ります。

既存でよく言われる定義について

データサイエンティストの定義について。
僕が好きな定義はこちらのものだ。(だいぶ古いジョークだが)

カリフォルニアに住むデータアナリストをデータサイエンティストと呼ぶ

それはさておき、世間的にもっともよく言われているのは『3つのスキルセットを併せ持ったやつだよ論』だろうか。なんとなしにこちらから図をお借りしてみた。

このベン図はデータサイエンティスト的な人たちの界隈では非常に有名で、事あるごとに持ち出される人気の図になっている。

もっと構造化して捉えたい

さて、なんに関しても持論というのは既存のなにかにケチを付けるところから始まるものだ。

上記の既存の定義は言いたいことはわかるが、どれも十分なものではない気がしている。その理由は次の2つだ。

① 構造的でない
ビジネスにおける分析業務のバリューチェーンが示されておらず、それぞれのスキルがどの局面でどのように必要なのかがわかりづらい

昨今で注目されているデータサイエンスというのは、主にビジネスの中で活用されていることを期待されている用語だろう
であれば、ビジネスのどういったシーンで役に立つスキルなのかということがもう少し構造的になっていたほうが良い気がする
② スキルが『ある』or『ない』かの二元論的
正直、上記のベン図で示される3つのスキルを包括的に完璧なレベルで取得するのは非常に難しい

というか、そもそも『どのレベルで取得』すればよいのかがわからない

この記事では、この2つの問題を解決する形で、データサイエンティストのスキルセットを構造的に定義して見たいと思う。
特に②に関しては、スキルのレベルとして『読み』『書き』の2レベルが存在するという概念を導入することで、必要なスキルセットの議論をしたいと考えている。

マルチリンガルとしてのデータサイエンティスト

ここで一つ提唱してみたいのが『データサイエンティスト=マルチリンガルであることの価値』理論だ。

ここで述べている言語というのは、いわゆる人間が日常的に話している自然言語体系のことではなく、データサイエンティストが(特にビジネスの環境で)活きる世界で必要となってくる共通言語、すなわち

この続きをみるには

この続き:5,288文字/画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
様々なものごとを分析し、思索したエッセンスを、なるべくわかりやすい表現と図表を用いて紹介していきます。長文多め。本を一冊買ったくらいの気持ちで購入できる価格にさせていただいてます。 累計300部以上売れています〜!

メルカリのデータアナリストチームのヘッドHikaru Kashida https://twitter.com/hik0107 が、分...

または、記事単体で購入する

データサイエンティスト・マルチリンガル論

樫田光 | Hikaru Kashida

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでくださってありがとうございます。 サポートいただいたお代は、執筆時に使っている近所のお気に入りのカフェへのお布施にさせていただきます。

よければシェアよろしくお願いします!
106

社会人に必須の「データ分析・KPIの最先端」を読む

メルカリのデータアナリストチームのヘッドHikaru Kashida https://twitter.com/hik0107 が、分析を中心に思ったこと徒然について書いていきます。長文・図表多め。
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。