台湾で定番240円のホカホカ弁当は庶民の味

大学生の街で親しまれている60元の鶏肉弁当はどの時間帯でも行列が出来ている。

外食文化の台湾では快餐と呼ばれるお店が主流でビュッフェスタイルで炒め物や揚げ物を選びお弁当を作ってくれる。

快餐では麻婆豆腐やサツマイモの葉の炒め物など台湾で良く食べられているホカホカのおかずが並ぶ。

わたしが今回選んだのは鶏肉弁当だ。鳥の骨付き肉をからりと揚げた唐揚げにピリ辛ソースがかかっている。

鶏肉はとろけるような柔らかさで衣はカリカリ。骨にまでかぶりつきたくなる美味しさ。

そして数ある副菜から三種類選び、弁当は完成する。

台湾の野菜炒めは野菜によって食感を楽しむ事が出来、味付けは鶏がらベースで美味しい。

そして大蒜の香りが食欲をそそる。

台湾で安く満足に食事をしたいのならこの手の弁当をオススメする。

飾らない庶民の食堂は台湾人に親しまれている味を楽しむ事が出来る。更に観光者向けのレストランより何倍も安い。


台湾桃園市中原大学前
「宜珍快餐」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ヒカリさん

台湾飯

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。