孤独についてのメモ

今日「孤独を何かで紛らすのではなくそのまま受け入れたらいい」という趣旨(私の解釈)の記事を、たまたま2つ読んだ。全然別の人が書いていたのだけれど、なんだかすごくしっくりきた。

そう、「孤独さ」はあるとき突然襲ってきたりするのだけれど、そのまま放置しておくと、だいたい3日くらいですっといなくなるのだ。

それを私は、雨のように襲ってくる外的なもののような気もしていたのだけれど、実際孤独はいつも心の中にあって、ふとした瞬間に何かのきっかけで認識して、またそこにあることを忘れたりするのだ。

たとえば私は今、白髪ってたぶん数本生えていると思うのだけど、ある日ふと、「あ、白髪ある」って気づいたら他にも無いか探してみたりする。でも次の日は完全にわすれてる。多分また2ヶ月後くらいに同じ行動をすると思う。孤独もそんな感じじゃないかと思った。

放っておくと存在を忘れるのだけれど、たまに「今すぐ忘れたい」と思って何かしらの行動に出たりする時もある。あった?かな。たぶんあったと思う。寝るとか。突然どこかに出かけてみるとか。でもそういうことはしなくていいらしい。そう、放っておいたら存在を忘れるから、何かで埋め合わせる必要はないのだ。

こんど孤独を感じたら「きたーーー孤独ーーーー」と、ちょっと噛み締めてみようかと思う。どうせまたすぐいなくなるんでしょうと思いながら。(575字/13分)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いろいろな方にインタビューをして、それをフリーマガジンにまとめて自費で発行しています。サポートをいただけたら、次回の取材とマガジン作成の費用に使わせていただきます。マガジン第一弾(36ページ)は、ご連絡頂けたら無料でお送りいたします。maricommu82@gmail.com

ありがとうございます。
5

ナカヤママリコ

'82年生まれ。山梨県北杜市出身&在住。実家暮らし独身。会社員を辞め、自宅で花の苗を栽培しています。たまに東京や山梨で音楽イベントやトークイベントの主催もしています。お問い合わせはmaricommu82@gmail.com へお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。