学校行く行かないについてのメモ

本当はもっとちゃんと書きたいのだけれど、時間がないのでさらっと書く。

昨日から今日にかけて、Twitter上で、「いじめとかじゃなく、ただ行きたくないという理由で学校(義務教育)に行かなくてもいいのかどうか」みたいな話をけっこう読んだ。(議論の元になってる動画があるんだけど。)

私は今の時代、行くべき:行かなくてもいい=7:3くらいだと思っていたらとんだ勘違いだった。Twitter上でも、私の印象では99:1くらいだったので、社会全体で言えば99.9999:0.0001くらいなんじゃないかと思う。(Twitterをやっている人は自由な考え方の人が結構多いんじゃないかと思っているから。)

まず、自分の認識(「行かなくてもいいという人が3割くらいいるんじゃないかな」という予想)が世間とだいぶずれていることがわかって良かった。

これは自分が「学校に行かなくてもいろいろな学び方がある」という意見を持っている人にかなり多く触れているからだと思うが、それは世間で言えばごくごくごく少数派の意見のようだ。

そして自分自身はどう考えているのか。

人間の記憶は嫌なことは忘れていくようにできているというけれど、小学校・中学校時代それでも嫌なことのほうが強く多く記憶に残っている。

でも自分は、義務教育を受けて育ったことしかないので、受けなくても大丈夫だとか今生きていて何も支障がないとは言えないし、おそらく支障はたくさんあるだろう。この日本社会に順応できるためのシステムなのだから。(もっと教えたほうがいいと思うことはたくさんあるけど。性教育とかお金についてとか。)

一番思っていることは、なんで教師ってあんなに偉そうだったんだろうということだ。(全員じゃないけど。)今なら何がおかしいか指摘できるのに、確信犯でこどもをみくびっていたんだろうなあと思い返すことがたくさんある。

学校においていろいろな意味で列を乱さないことに応え続けるということは、この日本においてはたしかに生きやすくなるすべだと思う。(学校で教わることはそれだけじゃないけど。)

自分がもし義務教育を受けていなかったら、どんなことに不自由していたのかが知りたいなあと思う。意外に不自由しないことはどんなことなのか。

それを知りえないし、科学的に解明できそうな気もするんだけど、そんな知識もないし、だから「行かなくても大丈夫」とは言えないんだけれど、それは「行かなきゃ絶対に苦労する」と言えないということと同義なのだ。

だから、わからない。わからないから言い切りたくない。そして、わからないなんて言っている人も、まあ、いない。印象として99%以上の人が、(いじめから逃げるとかじゃなくて)ただ宿題やりたくないから学校行かないとかは認めるべきでない!と言っていることは、私にとっては結構驚きで、私みたいな考え方の人も少しはいるんじゃないかと思っていたのはとんだ勘違いだということは分かった。私は他にもこんなズレがあるんだろうなとは思っておこう。(1174/25分)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いろいろな方にインタビューをして、それをフリーマガジンにまとめて自費で発行しています。サポートをいただけたら、次回の取材とマガジン作成の費用に使わせていただきます。マガジン第一弾(36ページ)は、ご連絡頂けたら無料でお送りいたします。maricommu82@gmail.com

ありがとうございます。
4

ナカヤママリコ

'82年生まれ。山梨県北杜市出身&在住。実家暮らし独身。会社員を辞め、自宅で花の苗を栽培しています。たまに東京や山梨で音楽イベントやトークイベントの主催もしています。お問い合わせはmaricommu82@gmail.com へお願いいたします。

コメント2件

はあ~!そうなんですね。私もその位の割合かと思っていた人間です。笑。私は日本で高校まで行きましたが、いい思い出がないし、教師に対してはマリコさんとおそらく同じような印象を抱いているので、子供には押し付けるべきではないと思っている派です。
アメリカでいた時はホームスクールの人もたくさんいたけど不自由してる感じはしてなかったなあ。日本にはあてはめられないでしょうけど。アメリカの学校の方が私は学習意欲がめきめきわきました。
なるほどー!アメリカ、いいですね!(大変なこともあったと思いますが。)私はごくありふれた経験しかしていないので、こんなコメントをいただけてありがたいです!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。