見出し画像

動画プラットフォーム最近増えすぎじゃね??

ヒカリナとしてメインで活動してる場所は、動画はYouTube、日常はTwitter、そして文章はnoteに分かれている。動画を投稿するならYouTubeが一番で収益も貰えて便利だな~と思ってるし、Twitterは気楽な拡散ツールとして便利だな~と思ってるし、noteは広告収益が貰えないけどブログサービスの中で一番簡単に投稿できて便利だな~と思いながら使っている。

使うプラットフォームを一度決めてしまうと、他のにはあまり注視しなくなってしまうが、世の中にはプラットフォームが記憶できないレベルで大量発生している。

たとえば、有名どころだとfacebookやInstagram、snapchat、tiktok、ツイッチあたりだろう。このあたりはフロー型だが、動画もやっている。tiktokの会社だとバズビデオ、インスタの会社(facebook)だとigtvとか。

日本の会社でも動画プラットフォームをやってるとこがあり、ゲームだとオープンレックやミラティブ。料理だとクラシルやクックパッド。音楽&日常だと17やshowroomとかになる。忘れてはいけない、ニコニコ動画も。動画プラットフォームだけでも多すぎて覚えきれないぐらい存在する。

それだけ、ユーザーが投稿するスタイルのC to Cプラットフォームというのは、儲かるのだろう。(YouTuberにめっちゃ広告収益あげてるgoogleってヤバいぐらい稼いでいそう・・・)

動画はもちろんのこと、それ以外のプラットフォームも大量に存在する。説明するのはキリがないレベルだ。

このプラットフォーム大量発生現象、インターネットだけかと思ったら、そうでもない。リアルの空間でも大量発生している。

例えば、夏フェス大量発生現象。ここ最近、どんだけやるんだよ!ってぐらい、音楽業界はフェスが大好きになってしまった。きっとフェスは大量に集客でき、チケット代を高く設定でき、飲食や物販があるから儲かるのだろう。

だが、そのせいでフェスのレア感はとっても消えてしまった。特に、大型フェスは日数を増やしたことにより、アーティストの希薄化が激しい。

昔はアニソンを歌うトッププレイヤーしか立つことのできなかったアニサマの舞台が、今では新人声優アーティストのお披露目の場みたいになってしまっている。

というか、SAO3期と鬼滅の刃の主題歌やってるLiSAが出ないの、アニソン最大イベントとして大丈夫なの???とすら思う。

つまり、最近はネットでもリアルでもプラットフォーム乱立時代を迎えているというわけだ。特に、リアルの空間はドメスティックになるけど、インターネットの空間は世界中に開かれたオープンな場だ。そのため、‟役に立つゲーム”をしてしまうと、資本力と技術力のあるアメリカや中国の会社によって日本のIT企業は駆逐されてしまうんじゃないの?という危惧がある。(もう十分そうなってると思うけど・・・)

だから箱が増えすぎるという謎現象によって、今までは「テレビ」みたいな限定された箱に価値があったが、これからは中身のコンテンツに価値が相対的に移っていくんだと思う。

そして、ユーチューバーは現在は"広く浅い拡散ゲーム"をやっているが、これだけプラットフォームが乱立すると、ユーザーの時間を限界まで消費してしまうため、底が尽きると思う。そのため、深く心を掴んでいくコンテンツの価値が、めっちゃ上がることになる。

ようするに、LiSAに注目して、ライブに行くの、時代のトレンドの観点から見ても超大事だよ!!!ってこと。


最後に、大事なことです!(だから何回も言い続けます)
どうやら、noteの投稿者データでは、記事の閲覧数を見ることはできるのですが、最後まで記事を読んでくれた人が何人いるのか、分かりません。なので、最後まで読んだ証として、ウェブで読んでる方は右下、左下にある♡をタップ、アプリで読んでる方は「♡スキ」と最後にあるので同じくタップお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

LiSAのライブ代、物販代、地方への遠征費に使います!

あだまーーーす!!
14
YouTubeで登録者20万人ぐらいのヒカリナチャンネルEXやってるペンギンです。完全に趣味でやってるので、全部の内容がLiSAについてです。今年でLiSAっ子歴が5年目です。よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。