おやすみ日記

6
ノート

夜のカラフルドア

平日の夜、家の近くのコインランドリーへ。

左肩に少し食い込む、えっさほいさと運んできたビニール製のエコバック。

中には衣類やタオルが容量いっぱいに入っている。

10キロの洗濯乾燥機へ手際よく入れる…というより放り込み、100円玉を何枚も入れる。

残り時間は『80分』と表示された。

よし、ご飯でも食べて待ちますかね。

でも その前に少し散歩でもしたいな、という気分になった。お昼

もっとみる

明け方近くの246

今日、というか昨日はどうしても眠れなくて明け方近くに『どうせまだ眠たくならないなら』と、外の空気を吸いにいった。

明け方といってもまだあたりは暗いし、もはや夜道。

遠くから新聞配達員がバイクのエンジンをかける音が聞こえてくる。

近くのコンビニで毎日日課で飲んでるパックの調製豆乳を購入し、なんとなく国道246号線沿いまで歩く。

ここなら明るいし安全な気もする。

この時間の246は普通の乗用

もっとみる

サウナはきもちい

今日は友人2人とスパに行ってきた。

炭酸湯→ブルーレット置くだけ、みたいな真っ青な深層湯とやら→サウナ→水風呂→サウナ→水風呂→サウナ→水風呂→炭酸湯

1回目のサウナのあとの水風呂…体の奥からじんじんする。何故か足の甲だけが痛い。

そして喉からは『ま、まさか人間の体から…!?』と思うくらいの冷気が出てくる。冷風機レベル。

喉が開くとはこういう事なのだろうか。

これは初体験だった。

とい

もっとみる

これから雨は激しくなるようです

最寄りの駅から地上のへあがると車内の電光掲示板で流れていた予報通り、ポツポツと雨が降り始めていた。

『ああ、折りたたみ傘持ってないなあ。』

コンビニは近くにあるけれど、ぜんぜん降り始めだ。まだ大丈夫。

今日はキャップも被っているしマスクもしているから顔は濡れない。そもそもすっぴんだから顔が濡れても気にしない。

そして雨が降ったからといっていちいち走りたくない。謎のポリシーだ。

車で買い物

もっとみる

いかにゆるくいれるか

絶賛「さあ、新しいことはじめてみよう!」モードになっている。

意気込み過ぎると苦しくなってしまうのがわかっているので、まあやってみようかなあ程度に抑えているけれど。

しかし、無意識のうちに完璧にこなしたい・作り込みたい・世界観を…とガチガチに縛ってしまう癖がある。

自分に対して「俺様ルール」を発動してしまうのだ。

もちろん良い方向に進む時もあるけれど、相当覚悟を持ってやるものじゃないと長

もっとみる

自分を無視する。

先日、会社のブログの冒頭に「ここ最近せわしなく過ごしていたせいか、時間の波にまだ乗っている気分で立ち止まり方・一息つくやり方がわからない状態です。」と書いたら色んな方から心配をされました。

すみません、心もからだも健康状態は良いのです。

だから紅茶でも飲んでほっとしようかしらね。みたいな締めにしたかっただけなんだ。もちろんその気持ちは本当だけれど。

前日に同期が[おいしい角煮のつくり方]

もっとみる