旧開智学校 その②

階段には赤い絨毯が敷かれていたり、照明のデザインの高さなど…。
見れば見るほど小学校とは思えない。なんともハイカラだ。

扉には竜の彫刻や漆塗りの技術など「こだわり」と「見どころ」を探したらキリがない。そのくらい目が忙しい。

特に2階のホールは素晴らしい。晴れていたらこのカラフルなステンドグラスから日差しが降り注いでいたのだろう。雨というのが非常に残念だ。このステンドグラスの色合いは、全体的に大人っぽい空間の中で唯一子供らしい色合いなんじゃないかと思ってしまった。なんかわからないけどちょっと安心した。

他にも教科書など資料も展示されていたり、読み物も多い。
雨もふっていたので、ゆっくり展示を楽しむ事にした。

帰りにもう一度、独創的なバルコニーを眺め天使の表情にクスッとして、お隣の旧司祭館へ向かった。

旧司祭館は無人で、本当にご自由にどうぞ感がすごい。
外観は水色に黄緑色の鎧戸が可愛らしい。アーリー・アメリカン様式の建物だ。
この時の見学者は私と友人だけ。貸切状態だ。とても静かで贅沢な時間が流れる。
所々に配置された西洋家具のデザインも素敵だ。

(マントルピースの装飾)


1階、2階の共にサンルームがあり旧司祭館のなかで一番のお気に入りポイント。

と、すごく気になっていた「旧開智学校」と「旧司祭館」を時間が許す限り堪能する事ができた。
やっぱり旅と洋館めぐりはセットだな。

この時から「見逃したくない!」という気持ちが強くなり、事前にその土地の洋館(レトロ建築)の下調べをきちんとするようになった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

ひかる

建物□正方形□レポート

今まで巡った建物たちを「正方形」にぎっしり詰めて手描きレポートしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。