うた

わたしごと。日々のこと。スキなことをスキなかたちでスキなように綴っていきます。

わたしの本棚 02. 本屋さんのダイアナ

「わたしの本棚」2冊目の本は、最近読んでよかった本。

"本屋さんのダイアナ" です。

この本は、1冊目で紹介した"赤毛のアン"の中で登場する人物だったり、それに関わることがたくさん登場してきて、帯に書かれていた"現代の赤毛のアン"がまさにぴったりなのではないかな。と思いました。
読み終えた時、子どものころ読んだ赤毛のアンシリーズを大人になった今、また読み返してみたくなる、そんなお話でした。

もっとみる

わたしの本棚 01. 赤毛のアン

9月になりました。
夜は風が涼しくなってきて
夏の終わりと秋のはじまりを感じます。

はじめます!!宣言してから
どの本から紹介しようか悩んでたのですが、
まず記念すべき?1冊目は
わたしが本を読むことが大好きになったきっかけの本を。と、思い、この本に。
もともと、本のある空間がすごく好きで落ち着くわたし。
ちいさいころから週末になるたびに図書館に通っていました。
学校の図書館もまた大好きな場所の

もっとみる

"わたしの本棚" はじめます。

"本を読むこと。"

わたしにとっては
ごはんをたべたり
眠ったりするのと
同じくらい
なくてはならない
日々の暮らしに溶け込んだ
かけがえのないものです。

いい本との出会いは
それだけでしあわせなきもちで
こころがいっぱいになって
明日も頑張ろうと
前に向かって進む大きなエネルギーを
与えてくれます。
そして、いろんなことを感じて考えたことがわたしの内側からことばとなってあふれてきます。

もっとみる

クリスマス

彼さんと一緒にはじめて過ごすクリスマス。

どんなプレゼントにしようかな。
どんなものだったら彼さん喜んでくれるかな。

どんな服を着ていこうかな。
どんな服着たら彼さんにかわいいって思ってもらえるかな。
メイクはどうしよう。。

どこにいこうかな。
彼さんと過ごせる3日間たくさん思い出つくりたいな。

いろんなこと考えて考えて迷って悩んで
でもぜんぶ彼さんと過ごすクリスマスが楽しみすぎるからうま

もっとみる

うた

彼さんのスキなうた

彼さんが好きで
よく聴いているうた

いつのまにか
口ずさめるようになってる。

それは
いつも彼さんが口ずさむからって
だけじゃなくて

彼さんと離れてるときに
彼さんを近くに感じたくて
彼さんと会えない
ずっと一緒にいられない
その寂しさをうめたくて
彼さんのスキなうたを聴くことが
わたしのあたりまえになってるからで。

彼さんをそっと想って
今日も彼

もっとみる