見出し画像

脳を育てるマルチタスク

 どうも、氷雨斑早希です。台風のため絶賛名古屋で足止めされています。皆様もお住いの地方自治体の指示には必ず従ってくださいね!早希との約束だよ!!

 さて、今日は作業効率を妨げるだけと言われているマルチタスクについて、脳にいいパターンのマルチタスクが存在することが分かったので今回はそれをご紹介していきたいと思います。

脳を殺すマルチタスク

 まずは、作業効率を下げるだけのダメなマルチタスクを改めてご説明します。

 鍵のなるのは「脳の負荷のかかる場所」です。

 例えば、スマホ見ながらテレビを見るときは脳は、後頭葉の視覚野、側頭葉の言語野(ウォルニッケ野)に情報が流れ込み続けてしまいます。その結果、脳が疲弊してしまい、認知機能、記憶能力、感情処理能力に障害をきたしてしまいます。

 つまり、脳の同一箇所を2つ以上の作業に充ててしまうと脳がオーバーヒートを起こしてしまうということです。

脳が育つマルチタスク

 では、脳が育つマルチタスクとはいったいどのようなものかといえば、先ほどと同じく「脳の負荷がかかる場所」が鍵になります。

この続きをみるには

この続き:211文字

脳を育てるマルチタスク

氷雨斑早希@本読む会社員

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます、よろしければ他のnoteも是非‼︎
8
あなたの知りたいはどこにある?ここでは、私が心理学をはじめこれまで学んできたことで生活に活かせそうなものを活かせる形まで極力落とし込んだものを格安でご紹介していきます。時には、関係ないものも混ざりますが、それはご愛嬌ということでお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。