見出し画像

着物でお帽子・3「行き詰まる個性」

着物が好きです。
そんな思いの丈を2回にわたってお届けしてきました。

第1回目は「着物のコーディネートの楽しさ」について
第2回目は「着物でナンパされた想い出」について

そして今回、第3回目は、「着物の黒歴史」について語ります。

はっきり言って何の役にも立ちません!

マンガ多めですので、気軽にユルユルお読みください。


ところ変われば名古屋では。。。

前の2回は、東京時代の話です。
名古屋に引っ越してからは、めっきり着物を着る機会が減りました。

理由のひとつは、名古屋の気候の厳しさ。暑すぎるし寒すぎる。。。
とくに夏、絽や紗といえども、夏着物でも名古屋では厳しい。

冬は冬で、家の中でもフード必須だし!(え?私だけ??)

これマジでおすすめです。寒い時は部屋でもフード!

真面目に語ると、名古屋って保守的な街なのです。まだまだ個性的なオシャレを楽しむ人が少ないんですよね。名古屋でイベントなどを運営しているような方たちは、もっと名古屋を変えて行きたいと切望している人も多いようです。

そんなわけで、とある黒歴史な出来事が起こったのです。

オシャレに決めたつもりが。。。

名古屋の門前町で人気の商店街・大須を着物で闊歩していた時のこと。

※注:オットはよく外国人に間違えられる

わりとしっとりした感じに決めたつもりだったんですけどね(どこが?笑

この着物は大須の米兵(KOMEHYO)の着物館で購入。銀座にもあるリサイクルショップ・KOMEHYOの本拠地はココ名古屋・大須なのだ。

考えてみると、私ひよ子、子供のころからちんどん屋さんが大好きで
あとくっついて行っちゃうような子だったのでした。

ほら、チンドン屋さん、かわいいでしょ?
(・・・んなら文句言うな!!(笑))


そんなわけで、名古屋に個性的な人を増やしたい!という方には
「お二人のような方をもっともっと名古屋に増やしたいんです!」
と言っていただくことも。光栄ですっ。

ところで、この「お二人のような方」って

みたいな方ってことでしょうか?(違)


同じ日、オットは外国人に激写されておりました。。。。

わかりにくいですが、オット、着物の羽織を裏向きにはおっております。
この外国人さんには、彼はどう映っていたのでしょう?


偶然、チンドン屋さんがいるのは、KOMEHYO本店の前。
外国人に激写されているのも、KOMEHYOの着物館の前。
KOMEHYOまるけな大須(笑)

着物の黒歴史は、まだまだ続く。
次回は、驚きの展開がっ!!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

きっとあなたにいいことあります☆
26

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

こだわり

好きすぎることやこだわってることについて、とにかく語りまくった記事。文章長めです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。