見出し画像

お仕事紹介:女性誌特集ページイラスト(コスミック出版)#005

私の名前は、陽菜ひよ子。肩書はイラストレーター&漫画家&文筆家、と名乗っています。(一応メインは絵描きです)

現在この記事のように、今までのお仕事履歴として、2006年の単行本デビュー作から、各お仕事ごとの詳細を書いています。お仕事をいただいたキッカケや、その時に感じたことなど、書ける範囲で赤裸々に。

イラストの仕事ってどんなん?と思ってらっしゃる方や、今後イラストの仕事をして行きたい方には、興味深く読んでもらえると思います。


初めての雑誌のお仕事

さて、次のお仕事は、初めての雑誌のお仕事です。

ここに載せるお仕事としては5つ目ですが、実際には12~3個目くらいのお仕事です。

画像3

ららはぴVol.7(コスミック出版)

もう表紙を見るだけで「金運上がるパワー」がもらえそうですが、特集記事のイラストを描かせていただきました。

真ん中あたりちょい下あたりの「オレンジの長財布で一攫千金!」という特集です。金運以外にも、恋愛運・仕事運・美容運・健康運などをよくするためのヒケツがたくさん載ってます。


シンプルな水彩画イラストは当時のメインタッチ


この前にご紹介した「国連機関本のカバーイラスト(彩流社)#004」2009年で、このお仕事は2011年

その後、私は絵本づくりを主軸に置いていました。2年前にはアクリルで描いたイラストでしたが、その後、慣れた透明水彩で描くようになりました。

誌面はこんな感じ。

画像2

気に入ってるイラストはコチラ。

画像3

2014年頃までは、お目目が点々のシンプルなスタイル中心でしたが、最近では、TOPやアイコンのようなざっくりしたお目メパッチリなものと、二つのスタイルを使い分けています。


お仕事のキッカケ


このお仕事のキッカケは、ズバリ友人との飲み会でした。

パーティーとか飲み会とか、そんなんばっかかよ!と言われそうですが、フリーランスにとっては、いつでもどこでも仕事に繋がる出会いは転がっています。

お仕事のクライアントになりそうな相手との出会いには、常にアンテナを張り巡らせなくてはイケマセン。

とはいえ、このときは作家の友人が誘ってくれた女子会で、まさか仕事に繋がるとは期待してなかったんですけどね。意外と期待しない時のほうが、良いことがあったりもします。

私にお仕事を振ってくれたのは、企画を担当した、編集のCちゃん。

初めて会った日から、お仕事をいただくまでに3年くらい経ったと思いますが、「ずっとお願いしたいと思ってたの」という言葉に、感涙。

そうなのです。このときに限らず、出会ってから数年とか十数年経って「やっとお願いできたー」と言われることって多いんです。

イラストを気に入っていても、その方の現状のお仕事に作風が合わないということはよくあります。すぐに仕事が来なくても、腐らず待ちましょう!


この「ららはぴ」のお仕事、私の東京での最後のお仕事で、数か月後には名古屋に引っ越しました。

名古屋に引っ越し後は、まさに私の不遇の時代が始まります。。。


そしてその「不遇」の話と連動して、すごく書きたいことが見つかったのですが、長くなるし、少し話がそれるので、また別の機会に。


次のお仕事はコチラ(10/14更新)


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます♡
26

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

イラストレーション&文章のお仕事

私のお仕事1件ごとの詳細です。実際のイラストや掲載内容、仕事に結びついたキッカケなど、いろいろ書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。