読まれる文章を書く方法

このnoteをはじめたのはこの7月からだけど、ブログをはじめたのは2003年。自分で言うのはおこがましいが、そこそこ人気が出て、カリスマブロガーとして、テレビに出たりもした。長くやっていれば、そんな夢のようなことも起こるのだ。

別にテレビに出て、特に何かが変わったというわけではない。
ただ、収録は楽しかったし、東京時代の楽しい想い出だ。出演者に選ばれたという事実は自信につながったし、ブログを続ける原動力にもなった。

そんな私の考える「読まれる文章(記事)」について書いてみる。

結果を出す方方法

もう16年もブログを続けている。たぶん、このnoteも何年も書き続けて行くだろう。そこには全く不安がない。

なぜかといえば、私はブログを続けるのが全く苦ではないから。
そして、結果を出すには、ただひたすら続けるしかないのだ。これはすべてについて言える。結果を出すには継続のみ。数をこなすしかない。

大抵の人は、その「続けること」が難しいのだと思う。
では、なぜ自分はこんなに長く続けられているのだろう?と考えてみた。

ブログを続けられる人の大きな特徴

最初の頃は、今のこのnoteと同じように、毎日書いていた。
正確に言えば、毎日というより、一日何回も更新していたのだ。
私のブログは4コマ漫画のブログだったので、一日に3つくらい4コマ漫画を描いて載せたりしていたのだ。

コボちゃんの作者だって一日一本だというのに、それを3本って。

こう書くと、すごいというより、もはや変人の域である。

本当にそうなのだ。
ブログを通じて多くの人と知り合ったけれど、毎日ブログを更新したり、カリスマブロガーになるような人って、やっぱりどこか普通じゃない。こう書くと「ああやっぱり、みなさん才能にあふれた方なのね」と早合点しそうだけれど、失礼ながら、そういう意味でもない。

毎日ブログを更新している人に共通するのは、「その話をはじめたら止まらない」ようなネタを必ずひとつ以上はお持ちだということ。あるいは私のように「4コマ漫画を描き始めたら時間を忘れてしまう」ように、何かしら「夢中になっていること」があるということ。

続けられる人と続けられない人の違い

私も始めたことのすべてが継続するというわけではない。日記だって続かなくて、数ページしか書かずに捨てたことは数知れず。

ここで気づいたのは、「続けられる人」と「続けられない人」がいるのではなく、どんな人にも「続けられること」と「続けられないこと」があるのだということ。

誰にでもある「これなら続けられる」こと

誰にでも「まったく努力しなくても、苦もなく楽しく続けられること」というのは必ずあるのだ。それは何か?と言えば「好きなこと」である。

ちょっとばかり好きなくらいではダメだ。
そのためなら食寝も忘れるくらい、それが無くなったら死んでしまうほど「好きなこと」である。
「好きなこと」で語弊があるなら「はまっていること」「打ち込んでいること」「心血注いでいること」と言い換えてもいい。

絵でも写真でも、スポーツでも旅でも恋愛でも仕事でも子育てでも、何でもいい。「好きなこと」「打ち込んでいるこど」「心血注いでいること」についてなら、いくらでも書きたいことが浮かぶし、書くことも苦にならない。

一番大切なこと

本気で多くの人に読まれたいと思ったら、本気で取り組もう。
読まれるブログのもう一つの共通点は「片手間に書いた記事ではない」ということ。芸能人や著名人など「努力しなくても見てもらえる」特殊な人々を覗いて、ごく普通の人が適当に書いた記事に価値などない。

最初の一ヶ月だけは、毎日書こう。できれば、毎日渾身の記事を上げよう。
面白いかどうかは、どちらでもいい。それに、自分では判断が難しい。
肝心なのは、自分で「これ以上はない」と思うほど書き切ること。
それを続けることが、あなたの「発信する力」を底上げする。

大事なのは、「やめないこと」。

やめないためには、あんまり自分に厳しくしないことだ。
一ヶ月過ぎたら、月イチでもいいから、とにかく続けること。
ふらりと立ち寄った人が「あ、ここまだ生きてるな」と安心する程度には更新すること。目安で言えば、一ヶ月以上は空けない。

でもきっと、一ヶ月渾身の投稿を続けたあなたは、ブログを書くことが苦ではなくなっているはず、いや、楽しくて楽しくて仕方がなくなっているはずだ。もうあなたは「ブログを続けられない人」ではない。

結局いちばん大事なのは「楽しく書くこと」。自分にとって一番楽しんで書けることを見つけられるかどうか、なのだ。


つづき「読まれるブログの育て方」もよろしければどうぞ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。頂いたご支援は、作家活動を続けるため大切に使わせていただきます。

ウレシイです♡
89

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

一般noteユーザーが集めるnoteマガジン

noteの素敵さや可能性を集めています!共同運営なので、興味のある方は招待します!どんどんnoteに関する記事を集めましょう!
3つ のマガジンに含まれています

コメント5件

羊は草が好き!さま Webでの発信で出版やセミナー講師に結びついたなんて理想ですね。素晴らしいです!
でも、そろそろ引退したいです。他にどうしてもしたいこと・実現したいことが見つかってしまったのです。来年あたりを目処に、やめます!→宣言して自分で自分を追い込みます(^^;
羊は草が好き!さま 頑張って下さい!!(^o^)/
気合い!まずは、目先のことをコツコツと片付けます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。