ヒヨコがヒヨコ以外を描くようになるまで

100820名古屋コーチン_RGB_2c_s ヒヨコ顔でヒヨコ好きで酉年の陽菜ひよ子です。さて、昨日の続き。性懲りもなくヒヨコばかり描き続けていた私。
100820名古屋コーチン_web1ss 周りからは「他のものも描けばいいのに」と言われていたのに、今思うとホント頑固でしたね!自分でもびっくり。この絵は2010年夏・大阪でのご当地展(巡回展)に出したもの。これでも名古屋コーチンなのだ。
100420世界一すごい帽子2_s これは2010年春に毎年恒例の絵本の展示に出したもの。実はこの絵本を最後に、ようやく少しずつ人を描き始めるようになったのでした。でもまだまだメインはヒヨコ(笑)
100505名古屋コーチン1s 同じく2010年春。ご当地展の東京展。布の上に絵を貼ってコラージュしております。
画像5 2010年年末。それまでは割としっかり描いていた線を入れずに描いたもの。評価も悪くなかったのですが、とても描きづらく、定着はせず。
画像6 2011年に名古屋に引っ越し、翌2012年に久しぶりに東京での展示に出展。いつものようにひよこで描こうと習作を描いていたのですが、ふと思い立って、人間の女の子で描くことに。
120112Carta展絵札_s 出来上がった絵がコチラ。ヒヨコも所々にいますが(笑)今思っても人間にして正解。ちなみにこの子は、なぜか友人にそっくりで、本人からも「私がモデル?」と言われました。それ以来、我が家では「かおりちゃん」と呼ばれています。
画像8 これ以降、だんだんとヒヨコを描く頻度が減っていき、2年後には完全に「ネコの人」になった私。しかし、ネコより人をたくさん描いていたら、仕事がたくさん来るようになりました。自分の好きなモノを極めるのも良いですが、それをいったん手放してみると、何かが起こるかも、です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます♡
24

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。