見出し画像

万福食堂

#旅する日本語 #万福 (まんぷく)・・・幸福の多いこと。数え切れないほどさまざまな幸福。


食卓に20ほどの皿が並ぶ。卵焼きや焼き鮭やイクラが日差しを受けて輝く。北国の朝。

「あんたたち、そうめんって何束食べる?」
義母は座った途端、夫と私に話しかける。
「2~3束かな?」
「やっぱりそう?広島のおばさんのところも2束なんだって」

義母は一呼吸おいて
「私たち8束食べるの」
「8束!?」
思わず聞き返す。

「さすがにちょっと多いかねぇって、7束にしたの」
「そんなに変わらないじゃん」
夫がすかさず突っ込む。義父が笑う。

「でもねぇ、7束だと足りなくて、おにぎり食べてしまったの」
「減らした意味ないし」
4人の笑い声が響き渡る。

「お父さん、夏でも食欲が落ちたことってないねぇ」
「そうだなぁ」
海苔に手を伸ばしながら義父がうなずく。

お湯で薄めたみそ汁の上で度々止まる義父の箸。「万福だ」とお茶を飲む少しやせた手。

支度して空港に向かう。

また来るからね。あまり寒くならないうちに。

次もこんな朝を迎えられますように。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
38

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。