見出し画像

真っ赤なうそ

#旅する日本語 #六月柿 (ろくがつがき)・・・トマトの別名、古名。

「おい、イタリアのトマト祭りに行くぞ!」

あの人は唐突に言い出す。私は本気にせず、適当に聞き流す。

あの人はいつもそうだった。

私がこしあんの饅頭を好んで食べていると
「お前知らねーのか。こしあんってモンはだな、つぶあんの饅頭が一週間売れ残った残りモンをこね直して作るんだぞ」

自分のキライなニンジンがカレーに入っていると、こっそり私の皿に移した。それをとがめると
「お前知らねーのか。ニンジンには不死身の薬が入ってるんだぞ。せっかく分けてやってるのに、まったく」

あの人はいつもそんな調子でほらを吹く。

トマト祭りがイタリアではなく、スペインのお祭りだということを私が知ったのは、随分あとのこと。

それから10年以上の月日が流れたけれど、未だにトマト祭りには行けていない。

「だって、六月柿(トマト)、キライだったじゃん、お父さん・・・」

ほら吹きのあの人が、空のずっと向こうへ旅立ってから、もうじき7年になる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
39

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

コメント4件

トマトにかけたタイトルがセンス良くてジェラシー_| ̄|○
tetsu◇映像作家さま ありがとうございます!へっへっへ。自分でも「上手いこと言うたな」と悦に入っておりました。おほめいただき、光栄です!
さりげなさがGOODですね。私ならぜったい本文中に自分で言っちゃう…ww
これ、コンテスト用にで、400字以内って決まってるんですよ。めっちゃ厳しいですよ、400文字(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。