見出し画像

百物語85話目「クリームペンギン」(実話怪談)

娘のむっちゃんの話だ。

むっちゃんが、3歳くらいのときに、昼、赤ちゃんがお客さんできていた。仮にじゅんちゃんにしておこう。

そして、その夜のこと。

むっちゃんは寝付けずに、ぐずぐずぐずっている。

「ねえ、どうしてじゅんちゃんがおうちにいるの?」

と、台所を指すのだ。

もちろん、私にもおばあちゃんにも何も見えない。

「あっちにやって!」

と、ますます泣くむっちゃんは、とうとう手足をつっぱって硬直するようになってしまった。

ありゃー、これは見えないものがきてるなあ。

その日はお盆だった。

「むっちゃん、なにもいないよ」

「いるよ! クリームペンギンがいる」

そして、ついには火がついたように、むっちゃんがギャン泣き始める。

それで、おばあちゃんが箒で、ベランダの鉄柵をガンガンと叩き出した。

ひとしきり叩いた後に、むっちゃんに「もう追い払ったよ」と言う。

すると、むっちゃんはようやく安心したように寝てくれたのだ。

もう少し大きくなってから、あのとき見たクリームペンギンがどんなものか聞いてみた。

ペンギンくらいの大きさで全身が真っ黒らしい。で、そのクリームペンギンが傍まできて、歯で腕を噛んだから大泣きしたという。

クリームペンギンの正体はわからないままだ。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりに買ってくれると喜ぶよ。私の書いた怪談物語です!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありあり~!
17

日野光里

ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!

NovelJam「帰りゃんせ」販促チャレンジ企画「百物語」

NovelJamによって生み出された私の怪談小説「帰りゃんせ」を販促するために、グランプリまでに百物語を完成させるマガジンです。なんとか完成させてグランプリで怪異を起こすぞー!
2つ のマガジンに含まれています

コメント3件

クリームペンギン…!?とろってしてたんですかね…謎だぁ…
真っ黒でクリーム? 謎だ
謎は深まるばかりでございます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。