見出し画像

百物語97話目「嵐女」(実話怪談)

ニュースを見ていて、「今入ってきたニュースです」と嵐の活動休止を告げられた。

嵐ファンのあの人やこの人や娘・むっちゃん(大野君のファン)の顔が浮かぶ。

えらいこっちゃ……。

あれから福岡のニュースでは、嵐にまつわる聖地の紹介が続いている。

一番有名なのは、JALのCM光の道で脚光を浴びて、いまだ嵐ファンの聖地となっている宮地嶽神社だろう。

本当にいいところです。ぜひおいでください。ご飯も美味しい!

それから、桜井神社も紹介されていた。

実は福岡には、ここ以外にも二宮神社と潤神社があり、この四か所が福岡の嵐聖地巡礼となっているらしい。

岐阜の方には大野神社があるとか……。

などと、嵐関係の神社の話を見ながら、

「あ、そう言えば私、嵐女だった」

と思い出す。

仕事先が東京で福岡在住なので、定期的に上京している。その上京時に東京の天気が荒れることが多いのだ。

東京の友達は、私が上京するというと、

「また嵐がくる」

と言う。

友達だけじゃない。

全然面識のない友達の会社の同僚まで、私がやってくると天気が荒れることを覚えてしまった。

「その人って、この前も大雪のときにこなかった?」

などと言われる始末。

これでもかなり日よりを見て上京している。

風水で東が悪いときは上京しないし、占星術で水星が逆行しているときも上京しないようにしている。水星はトラフィックを司るので、水星が逆行すると交通機関が乱れるのだ。

そんなにしても、私が上京するときは、大雪台風が多い。

特に大雪にはよくぶつかる。欠航も何度かある。あなたが思い出すあの大雪のとき、たぶん私が東京にいた。

台風のせいで大島に土砂崩れが起こり、60人が行方不明とニュースを聞きながら、羽田空港に着陸したときもあった。

果ては地震――。

311の最大の余震は4月7日に来たと思うけど、そのときも東京にいた。

緊急地震速報を見てたら、大きく左右に揺れ始め、部屋ごとゆっくり動くものだから慌てた。

後で、そこがいざというときは、警察の駐屯所となる避難指定ホテルで、免震構造がされてあり、そのせいで逆に大変揺れたと知る。

地下には食糧も水の備蓄もされていて、最後まで残る一番安全なビルだよと言われた。

それでも本震のときにはいなかった。

一番やばいときは、ぎりぎり避けてはいるんです。まあ、でも私が上京するというと、友達は嵐に怯えるんですけどね。

次の上京は2月1~3日です。ノベルジャムグラントチャンピオン大会のために上京します。東京の人、気を付けて――!

晴れ女、雨女はいるけれど、世の中には嵐女もいるというお話でした。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりに買ってくれると喜ぶよ。私の書いた怪談物語です!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。

こちらもよろしく!

全話公開されてますが、第6話はこちら。

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしー!
18
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。