見出し画像

大島てるさんと会ったあとにつけびの村

今、noteで記録を作るんじゃないかというくらいバズっているのが、「つけびの村」だ。

2話までは無料なので、ぜひ読んで欲しい!

noteの人もこうツイートしてる!

グーグルのストリートビューで見ると、まだつけびの張り紙が見られるのが、また怖い。これが現実に起こったことだと突きつけられるから。

続々と課金する人がいる。その様子はぜひ、ツイッターで「つけびの村」を検索して頂けると、どれだけ凄い反響かわかる。

これが書籍なら、間違いなく今年ナンバーワンに推すと思う。

こんなホラー小説が書きたいと思っていたものにとっては、圧倒的な事実への敗北感を感じる。

でも、諦めずに書きたいと思うけどね。

つい先日、私は大島てるさんと、この「つけびの村」の話をしたばかりだ。

大島さんと福岡の縁といえば、彼が最強の事故物件に選んだ地が北九州ということだろう。

そして、そこはオカルトの間では有名な場所。残穢にも関係してくる、まさに最恐スポットなのだ。

大島さんが、当時は大量に人が死んだといえば、あそこだったという。

でも、あの後、事態は変わった。

去年、大島でも宮崎でも大量殺人はあった。

そして、その前の年となるの座間の9遺体事件だ。

もちろん、この「つけびの村」の事件についても話した。

私は山岸涼子の「負の暗示」以来、津山30人殺しが主体になった本をあびるほど読んだ。

だから、この「つけびの村」がどんなにドンピシャだったか……。

とにかく、最初から最後の一行までホント凄い。(語彙力)

噂話しか娯楽のない田舎のひどさが、じっくり煮詰まっている。

そして、田舎の常識が非常識であることも、よくよくあぶり出している。

そうだよ。そんな場面、よく見てきた。

だから、永久保さんの漫画の解説で、

「ひとしれず、人を殺してきたんじゃないか」

って話に大きく頷いたもん。

娯楽が人の悪口ってのは、首振り人形のように頷いたわ。

田舎に移住を考えてる人には一読して欲しい。

ちなみに許可が出たので書けるけど、大島てるさんの本に載っていると書いた友達のお兄さん(上記、事故物件に住んでみた!作者)の話。その友達とは児童文学作家の草野さんだ。兄弟で本を出してるって凄い。

4月、彼女とはまた岩崎書店さんの受賞パーティで再会できる予定だ。

私の書いたNovelJam参加作品(特別賞いただきました!)の怪談は、以下の「帰りゃんせ」です。こちらを投げ銭代わりに買ってくれると喜びまーす!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!
そして、チャット小説も始めました!3話まで公開されてます!

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。
こちらもよろしく!全話公開されてます

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしー!
42

日野光里

ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!

コメント2件

「日野」さんは、すごい道を歩んでいますね。
noteにおける救世主になる可能性があるのではないでしょうか?
これからも、信じた道を突き進んでください。
たのみますよ。
高橋さんの「つけびの村」が凄いんすよ。あんなホラー小説が書けるように頑張ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。