見出し画像

百物語22話目「古墳のバス停」(実話怪談)

今年の話につながる祟りの前編。

かれこれ20年近く前に、そのバス停の話を聞いた。

バス停の真ん前のアパートが火事になったのだ。

その話をパート先の先輩が

「あそこはね~。古墳の前だからね~」

言われてみれば、そこのバス停の周辺はこんもりとした森になっている。

「バス停のとこですよね」

「そうそう。あのバス停だってさ。設置した後、九十度に一度折れてるんだから」

しかも見える人が見ると、かなり力の強い霊がいるらしい。だからバス停を建てたことに怒ってると言ってた。

それ以来、そのバス停の前で待つのは止める。

それから二十数年が過ぎた今年、私はありえない光景を目にする。

久々にバスに乗って移動していると、いつもと光景が違うのだ。

「え! 丸坊主になってる!!」

あんなにこんもりとした山が、茶色の土をむきだしにして開発されていた。

「だって、あそこは古墳で、バス停だけで怒ってたとこだよ」

絶対、祟られる!

そして、祟りはすぐにやってきた。

そう思った翌日、私は部屋でサイレンの音を聞く。すぐに「火事どこ」で検索をかけた、すると――。後編へ続く!

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!3話まで公開中!PCでも読めるように戻ってました。

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。
こちらもよろしく!(全話公開されています)

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありあり~!
9

日野光里

ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!

NovelJam 2018秋 参戦 / 観戦記など

このマガジンには「NovelJam 2018秋」の参戦記や観戦記などをまとめていきます。「NovelJam 2018秋」は、2018年11月23日から25日に大学セミナーハウス(東京都八王子市)にて2泊3日の合宿形式で開催します。「著者」16名と「編集者」8名と「デザイナー...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。