見出し画像

百物語91話目「火事で燃えた遺影」(実話怪談)

去年のクリスマス会、プレゼント交換会もあるというので、いそいそとプレゼントを買って行きつけの店へと向かった。

参加者は少なくともあとひとりはいるはずだったのに、時間になっても来ない。

これは!私と店長とふたりでチーズフォンデュ鍋っすか!

店長とふたりでプレゼント交換っすか!

面白い!!

と思っていたら、無事にその後、ふたり参加者が来まして、総勢4人でのクリスマス会となり、プレゼント交換会もできました。

チーズフォンデュすると、白ワインが強すぎて、みんなが寝てしまい、酒に酔わない(だが苦くて普段飲まない)私だけが元気で、

「あ、これ、ホラー映画でひとり死ぬやつだ」

状態でした。

で、これは、そこで採集した話。

彼女は数年前に父親を亡くしていました。

それで、遺品にと免許書を財布に入れて持ち歩いていたそうです。

ところが、一年も経たずに、家が全焼。

すべて焼け落ちてしまいます。

そのため、父親の遺影も焼け、写真も焼けとなり困っていた矢先のこと。

友達とスーパーに買い物に行ったときに、

「何か落ちてるよ」

と言われ、振り返ります。

すると床に父親の免許書が落ちているではないですか。

まだ財布はバックの中、とても外に落ちる状態ではありません。

「どうして……?

あ、そっか。遺影にはこれを使えってことなのね」

そう気づいた彼女は、早速免許書の写真を伸ばして、遺影にしました。

不思議なこともあるものだなあと、チーズフォンデュをつまんでいたクリスマスなのでした。

新年も怪談新年会参加しましたけど、私はクリスマスも怪談まみれさ!

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりに買ってくれると喜ぶよ。私の書いた怪談物語です!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

DMMTELLERさんでは公式作家でもあるのですが、その新作も出てます。

こちらもよろしく!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありあり~!
16
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!

コメント2件

わたしも持ち歩こうかなぁ
私は去年父親を亡くしたんですが、現状スマホの中だけです。ペットは写真飾ってあるのに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。