「政治騎手レポート」とは

「政治騎手レポート」とは

競馬新聞としても使用可能なオリジナル出馬表のことです。

画像2

これまでは「馬ウマチェッカー」という出馬表を作っていましたが、それに「乗り替わり指数」「人気評価」「風&展開予想」など新たな機能を追加。

さらに、各馬のプロフィールや過去走の詳細データも入っており、競馬新聞のような使い方も可能です。

機能紹介

画像2

「乗り替わり指数」……「乗り上がり」「乗り下がり」の期待値を指数化。今回、前走、前々走の騎手の「馬力絞り出しメーター」から乗り替わりでの変わり身の可能性を弾き出したもの。継続騎乗でも、自作自演の大穴の可能性や、すでに絞り出して出がらし状態の馬も判別できる。1より大きい数字は期待大。1を割ると期待薄。年末に発売予定の「政治騎手名鑑2020」で使い方を詳しく紹介する予定。

※「馬力絞り出しメーター」の詳しい説明はこちら↓

【乗り替わり指数ヒット①】9月28日(土)中山7R

画像3

1着グログラン(7番人気)→単・乗り替わり指数2位
2着バンブトンハート(2番人気)→単・乗り替わり指数4位
3着ドゥエルメス(12番人気)→複・乗り替わり指数1位

乗り替わり指数上位馬の組み合わせで3連単56万馬券に!

【乗り替わり指数ヒット②】9月29日(日)中山7R

画像4

1着ヴィエナブロー(5番人気)
2着シトラスクーラー(13番人気)→単&複・乗り替わり指数3位
3着マイネルステレール(9番人気)→複&複・乗り替わり指数1位
4着フィデリオグリーン(6番人気)

乗り替わり指数の上位評価馬が2、3着に入り3連単241万馬券に!
しかし、筆者の本命フィデリオグリーンは4着で、払い戻しはゼロ……。
ただ、カズキング(@kazuking1031)さんがヴィエナブローで勝負されていたらしいので、それを参考にできていれば……。

【乗り替わり指数ヒット③】9月29日(日)中山12R

画像6

3着パイロキネシスト(15番人気)→単・乗り替わり指数ダントツ1位

単の乗り替わり指数1位の馬が3着(複)で大穴(複勝1500円)。
その激走のメカニズムはよくわかっていないが、今後の研究対象としたい。

まだまだブラッシュアップの余地があると思っていますが、とりあえず波乱レースで人気薄を拾うことはできているようです。

現時点での悩みは、普通に予想したら絶対に買えないような馬に高い数字がついて、割と高確率で上位に食い込むこと。普通に買いたい馬は軒並み低評価になるので、だれもが狙いたくなる妙味の薄い馬とそうじゃない馬を仕分けてくれているのかもしれません。

「ランニングスコア」……イクルが月刊誌「競馬の天才!」で監修を務めた馬券術【ランニングスコア】を期間限定で完全掲載。各競馬場&コースに出走した馬のその後3走の好走率と回収率を算出。それぞれ偏差値的な指標でポイント化し、出走各馬の過去3走の『SP』と『EP』をそれぞれ合計して出している。

『SP』=Stable Pointの略。Stable=安定した⇒好走率を偏差値化したもの
『EP』=Explosion Pointの略。Explosion=爆発⇒回収率を偏差値化したもの

※各馬がキャリア3戦以上でないと正確な『SP』『EP』が算出できないため、キャリア3戦未満の馬が出走するレースは重賞であっても提供しません。

【ランニングスコア炸裂例①】9月28日(土)中山12R

画像6

1着コカボムクイーン(13番人気)→「SP」&「EP」1位
単勝7630円、複勝1590円

【ランニングスコア炸裂例②】9月29日(日)中山6R

画像7

3着ハルメキ(12番人気)→「SP」&「EP」2位
複勝2560円

「レースレベル」&「評価」……ヒノがレースレベルの高低を判定し、各馬のレース内容も評価しています。

左:レースレベル

(低い)D ⇒ C ⇒ B- ⇒ B ⇒ B+ ⇒ A ⇒ S(高い)

右:レース内容

X ⇒ 良い、不利あり
Y ⇒ 恵まれた
8 ⇒ わからない、一か八か
なし ⇒ 平均的な内容

「B」と表記の場合は、平均レベルのレースで着順通りの内容という意味。「B+X」の場合はややレベルの高いレースで好内容となり着順以上の評価ができるという意味になります。

画像8

「Q、qマーク」……ヒノが買いたい馬にはQ、qマークがついています(赤矢印)。買いたい馬がいないレースもありますが、新馬、障害を除くほぼ全レースをチェックしています。

「人気評価」(青矢印)……製作者のヒノが独断と偏見で人気を推定。人気になりそうな馬には「A」全く人気にならないと予想した馬には「D」というように「A~D」の4段階で評価。いくら好走確率が高くても過剰人気の馬を買っていては馬券で儲けることはできない。ヒノの馬券的な評価と組み合わせてみることで、「A」なのに低評価なのは過剰人気と判断しているからというように取捨理由の推測にも使えるだろう。さらに、上位拮抗のハイレベルレースやメンバー手薄なレースといったレースの構造も見えてくる。また、(ヒノの推定人気と)実際の人気とのギャップを馬券に応用することも可能だろう。

「風&展開予想」……天気予報をもとに、ヒノが展開を予想。スタート向かい風でハイペースのズブズブ決着になりやすい、追い風に乗った馬の外差しに注意、直線向かい風で前残りに注意など。風の影響まで加味した展開予想を披露する。

風の評価は以下の7パターン。

向強……直線強い向かい風(向こう正面は強い追い風)。直線向かい風で上がりを要する。ワンターンのコースはスタート追い風でハイラップになりやすい。一方、一周コースの場合は向かい風にスタートするのでラップが上がらず時計のかかる決着となりやすい。

向弱……直線弱い向かい風(向こう正面は追い風)。「向強」と比べるとハッキリした傾向は出ないが、強い季節風が吹く時期など一定方向の強風よりも、前日とは逆の風向きのときなど向きの変化よって大きなバイアスが発生することがある。

微無……微風or無風。風の影響が少ないとき。

追強……直線強い追い風(向こう正面は強い向かい風)。直線追い風で速い上がりが飛び出す。ワンターンのコースではスタート向かい風なのでテンのラップが上がりにくいが、ダートの短距離戦などで字面のラップ以上のハイペースになることがあり、ズブズブの展開を演出することがよくある。ディーマジェスティの皐月賞など1周コースで速い時計が出るのもこの風のとき。

追弱……直線弱い追い風(向こう正面は向かい風)。おおまかな傾向は「追強」と同じ。

4向……4コーナー向かい風。3、4コーナーで外を回ってマクる馬の消耗が激しくなる。

4追……4コーナー追い風。3、4コーナーで追い風に乗った外からのマクりが有効。

※風向きがわからない場合は空欄になっています。

これはまだ一部で、これからどんどん機能を追加してもっとより良いものにしていこうと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんに競馬を楽しんでいただくため、馬券の参考にしていただくため、頑張ります!これからもよろしくお願います!

ありがとうございます!
9

ヒノくん

「馬券術政治騎手名鑑2020」12月末発売予定です。

コンテンツの内容紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。