あらためまして、自己紹介

noteをはじめて3か月経ちました。最初の1か月だけ毎日更新し、その後はよくて週1ペースになってしまっています。本当はもう少し投稿したいのですが、書きかけのnoteが増えていく一方です。なんだか勢いで書きたいことだけ書いて満足しちゃうんですよね。困りました。
とりあえず、自己紹介を兼ねて自分自身を振り返ってみようと思います。

氷魚(ひお)。30代後半の女性です。
仕事は在宅で事務少々と、最近になってアクセサリーの制作と販売をはじめました。ハンドメイドサイトはもはや飽和状態で、かなり工夫しないと食い込むのは難しいだろうなあと思っています。

大学時代の前半は広告業界を目指していたのですが、たまたま接した某広告代理店の人のダメ出しが罵倒・人格否定系で「うーん、この人が業界の最高値でも最低値でも平均値でも無理!」と早々に見切りをつけました(根性なしともいう)。
その後、マーケティングやブランディングを勉強していたので、大学院に進んでもっと研究したいと思っていたのですが、大学3年のある日「お父さん、会社辞めて新しい会社つくるんだって」と母に言われ呆然。進学どころではなくなり就職活動を始めるも内定が取れず、結局父が仲間とつくった会社にコネ入社することになりました。情けない。
正社員として働いたのはその会社だけで、大学を卒業してから5年間、社長曰く「ベンチャー企業」で総務として働き、業務フローをつくりました。業績が一向に良くならず、リストラなどもあり雰囲気の良くないなか働き続けていたら病んできました。そしてとうとう父に会社辞めろと言われます。このあたりの話がこちら。

ロスジェネの遠吠え(2)
https://note.mu/hioao/n/n86f628b4155e
ロスジェネの遠吠え(3)
https://note.mu/hioao/n/ndfa59d5d3244

辞めた後、本格的にうつになり通院を始めます。10年以上経ったいまでも通っています。うつになった原因は職場や環境のストレス、完璧主義、HSP傾向、幼少期のトラウマあたりだろうと思います。中でもトラウマはいままでのわたしの行動を無意識に規定してきたと言っても過言ではなく、自分の意志とのズレに苦しんできたのですが、つい先日トラウマを乗り越えたと思える体験をしてからはとても心身の調子がいいです。

この10年間で、カフェをやりたいと思ってカフェの開業スクールに通ったり、ワインエキスパートの資格を取ったりしました。知り合いのカフェでお手伝いをさせてもらって、自分がやりたいと思っていることと現実のすり合わせがかなり難しそうだということを実感しました。また、自分の体力がない上に、夫がうつで会社を辞めて会社をつくったのでそちらの仕事を手伝わなければならない状況になり、カフェに専念できる状態じゃないので諦めました。いや、諦めたというよりは、いずれ余裕ができたらやりたいと思っています。すごくこぢんまりとしたコーヒーとワインのお店を。

まあ長々と書いた割には、たいしてなにもしていない半生です。基本的に巻き込まれキャラなので、家族や他人のトラブルに巻き込まれ、その収拾をつけていくうちに後始末のスキルだけが異常に高くなった自覚はあります。正直、その辺の人に負ける気がしません。でも、このスキルをアピールしたところでまた誰かの後始末をする羽目になるだけです。本当に疲れるし、給料が出るわけでもないし、たいして感謝もされないし(場合によっては嫌われるし)いいことないので、やめにしたいと思っています。

愚痴みたいになってしまったので話題を変えまして、趣味は読書です。これも最近のことですけれども、よく本を読むようになりました。ジャンルは様々で、心ひかれた本を片っ端から読んでいます。ちなみにいま手元にある本はみうらじゅんと川端康成。雑食感が尋常じゃありません。少し前に読んだ「将棋の子」はよかったです。

あとは、学生時代からオーケストラでチェロを弾いています。ここしばらく家族が病気したりしてオケをお休みしているのですが、久しぶりに練習に出てみようと思っています。そのうちnoteでオケの話も書ければいいな。

というわけで自己紹介でした。読んでいただきありがとうございます。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わたしもスキしたいです!
15
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。