2回はオススメしたい本「将棋の子」

「将棋の子」(大崎善生 著)を読んだ。友達に2回も薦められてしまった。1回目は数年前で、読みたい本リストに入れたものの、なかなか手を出さなかった。他の本を優先して読まないといけなかったことと、私が将棋と縁遠いこともあって、どうしても後回しになってしまう。でもなんとなく気になっていた。そこへ2回目のオススメがきたので、いまが読むタイミングなんだろうな、と思い本を手に取った。

プロ棋士を目指して奨励会に入った青年たちが、四段昇段(プロ入り)か奨励会退会かの瀬戸際で死に物狂いで闘う。それは他の会員との対局でもあるし、自分の内面との闘いでもある。26歳のリーグ終了までに四段に上がれなければ退会という規則のなかで、彼らの精神は極限まで追い込まれていく。劇的な昇段を果たす者もいれば、年齢制限により奨励会を去る者もいる。この作品は、プロになれず去っていった人たちを描いている。

メインの登場人物である成田英二は地元で天才少年と呼ばれ、高校時代に全国を制した。そこで奨励会に入会したものの四段になれずに辞め、十数年後に筆者が接触したときには居場所を明かせないほどの生活に陥っていた。奨励会でのギリギリの勝負が終わった後は抜け殻のようになり、自堕落になる。成田だけが特別なのではなく、同じような人はたくさんいただろう。
もしかしたら年齢制限がなければ精神的には多少楽になるのかもしれない。しかし、制限があるからこそ、ある程度若いうちに他の道を見つけることができるというメリットもある。もともとは将棋連盟の苦しい懐事情から生まれた制度が、時に若者たちを極限まで駆り立て、時に彼らの人生を守っているように思える。

将棋から少し離れるが、あるときテレビのニュースを見ていたら、野球教室でプロ野球選手が少年たちに語り掛けるシーンがあった。「一生懸命努力すればきっといつか役に立つときが来ます」ということを言っていて、わたしはこのコメントに好感を持った。その選手はプロになって、しかも第一線で活躍している。間違いなく子供のころの夢が叶った人だ。それなのに、言いがちな「きっと夢は叶う」という言葉を使わなかった。
おそらく、これまでに挫折していった人たちをたくさん見てきたのだろう。そして、野球選手にはなれなかったけれど、ほかの分野に進み立派に歩んでいる人たちも。もしかしたら、本人自体が野球を諦めようとした瞬間があったのかもしれない。
もちろん夢が叶えばいいに決まっている。ただ、実際には叶わない人のほうが圧倒的に多いという現実があり、身につまされる。それを踏まえたうえで「役に立つ」という言葉が出てきたのだろう。

努力してきたことが後々どう活きてくるかなんて誰がわかるのか。それは将棋において役立つかもしれないし、人生において役立つかもしれない。成田の半生は本になるほど壮絶なものだったけれど、結局は必死で打ち込んだ将棋が成田を支えている。過去の自分がいまの自分を助けているとも言える。

「将棋の子」は決してハッピーな終わり方ではない。しかし希望はある。生き方について考えさせてくれるよい作品なので、わたしも誰かに2回はオススメしようと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

またお目にかかれたらうれしいです!
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。