自信をつける方法は思ったより簡単。

自信のつける方法は至極簡単で、それは「とにかく与える」ことです。

与えられる前に与えること。与えることで、

感謝される→頼られる→信頼される→感謝される

こういう好循環が生まれます。


誰もやりたくないことをやる

では具体的に、まずは何から手をつければいいのか。

それは、誰もやりたくないことをやることです。自分がめんどくさいと思うことは、みんなやりたくないからです。

だったら、それをやる。

他人からしたら、それをやってくれる人はありがたい人です。「ありがとう」と感謝されて嫌な気分になる人はいないでしょう。

「ありがとう」と人に感謝される体験は、人に認められるという成功体験になります。


小さな成功体験を積み重ねる

さらに自信を持つには、そういった小さな成功体験を積み重ねることだと思っています。

成功には2種類あると、僕は考えています。

それは、『達成感』『承認』

内から湧き出てくるものと、外から与えられるもの。

①達成感…目標を達成する。きついことをやりきる。勝負に勝つ。実積を残す。

②承認…「いいね」をもらう。褒めてもらう。期待される。感謝される。

『達成感』
自分やチームで目標を設定し、それをしっかり達成する。例えば、毎日のランニングを1週間、1ヶ月、1年続ける。単純にレースや勝負で勝つ。資格を取るでもいいでしょう。

『認められる』
つまり承認欲求を満たせばいいのです。ここで前述した、「とにかく与える」の話が出てきます。

手っ取り早く成功する方法は、人がやりたくないことをやって、感謝されること。これが1番早い。

そうやって積み重ねた成功が、大きな自信に変わります。信頼されていくので仲間も増える。自分の存在理由も見えてきます。

仕事の話に少し触れると、そうした「誰もやりたくない仕事」を嫌な顔ひとつせず実行できる人は信頼されます。それが大きな強みになるでしょう。

当たり前のことを当たり前にできない人も多いから、当たり前のことを当たり前にできる人は価値があります。


おまけ

よく聞くギブアンドテイクは、返す側(ギブされた側)の意識の持ち方です。他人から何かしてもらったら返したくなり、返さないといけない感覚に陥ります。これは返報性の原理とも言われます。

人としてこの感覚は持ち合わせておきたいですが、返したくなるかどうかはその人次第なのです。 ギブ(与える)したからと言って、テイク(受け取る)できるとは限りません。

これを理解しておかないと、「こんなに私は尽くしてるのに…」「せっかく手伝ってあげたのに、こっちが困ったときは手伝ってくれないなんてヒドイ!」なんて話になります。

良いことしたのに相手にもそれを求めるのはどうでしょう…

世の中ギブ&ギブ&ギブ&ギブぐらいの余裕を持って生きることです。返してもらえたらラッキーぐらいの心の持ち方をすると楽になります。

そして、もし周りに苦手な人がいれば『良いところを探す』べし。そしてここにもギブの精神を組み込んでみる。

これに尽きます。

******

ツイッター:@hira_ken777

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

圧倒的感謝!!
4

ワーク&ライフ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。