スーツをやめてみたら。

男のクセに格好ばかり気にするな、という考え方はつまらない。

男性もファッションにもっと興味を持って、おしゃれを楽しむようになればいいのになぁと、よく思います。

メンズの服は、レディースとくらべて形がある程度決まっているので、長く着ることができます。だからベーシックなアイテムを少しずつ持っていれば、きちんとした格好はできるはず。周りを見回してみると、そう理屈通りにはいかないみたいですが。

日本の男性のオシャレに対する感度が低い原因のひとつに、スーツを着て仕事に行くことがあると、ぼくは考えています。

以前勤めていた会社はスーツを着用が義務になっていました。そこで、休日に集まってテニスをする機会があったのですが、男性陣の私服がまあダサい。一人の男性上司はベージュのチノパンに、濃いグリーンのポロシャツをあわせていて、ぼんやりした印象のスタイルだっと思います。サイズもなんだか大きいし。

その方はスーツを着ているときは、ビシっと決まっているのですが、どうやらスーツ、シャツ、ネクタイは奥様の見立てだったみたいです。たぶん自分で服を選んで買う機会も少なく、勝ったとしても特に興味もない人だったのだと思います。

こういう方、けっこういるんじゃないでしょうか。

仕事以外の人間関係がとぼしく、趣味もなくて、休日は家で、って人だとますますひどいことになりそうです。

だから、いっそのこと、企業ぜんぶが自由な服装で働くことを認めたら、服に興味がない男性だって、自分で選んで、興味が湧いてくると思います。

そうなったら、街中や電車の中が華やかになって楽しくなるかもしれませんよね。

おわります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23

nakanehiraku

コメント1件

これ、ホントそうですよね。
結婚式とかで人が集まるシーンでも、もっと男性が色を取り入れられたらいいのになぁなんて思います。

手前味噌ですが「人類カメレオン化計画」という記事を書いたことがあるのでご興味あったらぜひ読んでみてくださいな(^o^)
http://blog.niteandday.tokyo/entry/2015/12/11/114500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。