おすすめの遠征⑦〔神戸編〕

おすすめの遠征、第7弾。

今回は神戸編である。


ここまで7回に渡って、アウェイ遠征、スタジアム紹介を書いてきたが、

実は、この神戸遠征こそが、

僕のはじめてのアウェイゲーム観戦である・・・


話は、2016年4月24日にさかのぼる。

この年、京都で大学生活をスタートした僕は、

この日を心待ちにしていた。

はじめてのアウェイゲーム。

ユアスタ以外でのはじめてのサッカー観戦。


ワクワクドキドキであった(笑)


まだ乗りなれない関西の私鉄に揺られ、

神戸の中心、三宮駅へ。

そして、そこから地下鉄で御崎公園駅へ。

駅から、ヴィッセル神戸の雰囲気がして、

とてもテンションが上がったのを、よく覚えている。

神戸サポーターのみなさんの写真も。



そして、駅から歩くこと数分、

ノエビアスタジアム神戸に到着!

とても恰好の良いスタジアムである。


また、はじめてアウェイサポーターの中に、

ベガルタのユニを着て入っていったので、とても緊張した(笑)



スタジアムには、

「スタジアムには、ひとつになれる瞬間がある。」

という言葉。とても素敵な言葉である。


選手がピッチに入ってくる瞬間。

試合開始の瞬間。

選手のいいプレーの瞬間。

選手がサポーターを煽る瞬間。

シュートの瞬間。

そして、ゴールの瞬間。


こんな瞬間を共有する楽しみ。

これこそが、サッカーをスタジアムで観ることの

醍醐味なのではないかと思う。


さあ、アウェイスタンドへ向かおう。

思っていた以上に、仙台サポの方がたくさん来ていて、

なんとなく地元のような、安心できるような

そんな感じがした。


ここで、腹ごしらえである。

やっぱり神戸牛。

旨い。肉のうまみ。ご飯が進む。

箸が写ってしまっているのはお許し願いたい(笑)


そして試合前。

スタジアムには、仙台サポのカントリーロードが響く。

本当に、故郷の仙台を繋がっているような気持ちになった。

試合は、2−2の引き分け。


試合終了間際に追い付かれ、

アウェイ初勝利はお預けとなった。



【スタジアム評価】5点満点
〈ノエビアスタジアム〉
アクセス 4点
・地下鉄の本数は多く、駅からスタジアムも遠くない。

ただ、帰り道に地下鉄の駅までの道がとてつもなく混雑するので

要注意である。


臨場感 5点
・専用スタジアムということで、 選手のプレーが見やすい。

また、メインスタンドとバックスタンドが非常にせり立っており、

試合に集中できる良いスタジアムである。


設備 5点

・しっかりと屋根で覆われており、雨風の心配がない。

アウェイ席が黄色で塗られているのが、仙台サポ的には嬉しい(笑)



神戸の観光スポットとして、ぜひ見てみたいと思ったのがこれ。

鉄人28号である。

すごい迫力であったが、地元のひとは見慣れているからか

なんとも思ってない様子で、

僕だけがテンションがあがってしまっているのが

少々、恥ずかしかった。。。


また、仙台から神戸は、スカイマーク航空という格安航空が

就航しているので、お手軽に遠征を楽しめると思う。

おすすめである。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、そのお金で本を買って読みまくりたいです...! よろしくお願いします...!

ありがとうございます!嬉しいです!
4

hirame(ヒラメ)

hirameと街とフットボール。

hirameが愛するフットボールと、アウェイ遠征の話と、いろいろ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。