おすすめの京都②「心地よい本屋」

京都在住の大学生が、おすすめするお店。


今回は、誠光社を取り上げる。

誠光社とは、河原町丸太町を少し東へ行ったところにある本屋である。


この本屋のおすすめポイントは「いい意味での狭さ」である。

店舗は、コンビニより小さい。


しかし、この狭い店舗には、店員さんのセレクト本が、ぎっしり並んでいる。


京都で、セレクト本のお店といえば、一乗寺にある「恵文社」を

思い浮かべる方もいると思うが、その恵文社で店長をされていた堀部さんが

新たな試みとして、始められたお店である。


一乗寺の「恵文社」は、そこそこの広さで、

ひととおり本を見て回るとおなかいっぱいであるが、

誠光社は、かなり狭い店舗のため

お店を何周もしたくなる。

「棚から見落としてる本はないかな」と、何度も見てまわり、

同じ本棚から、たくさんの発見がある。


これこそが、私が誠光社を気に入っている理由である。



また、狭い空間であるが心地良い。


例えば、この店舗に4、5人のお客さんがいると、

かなり混んでるという印象である。


しかし、お互いがお互いの気を遣いあう。

ぶつからないようにすっとよける。歩くスペースを作る。

これが、静かな店内で当たり前におこなわれる。


この暗黙の了解が、この本屋さんの心地良さなのではないか

思っている。



最近の、大型店舗の本屋では、

「広大な店舗に、カフェも併設していて、1日中いれる!」

といったことを宣伝しているが、


誠光社の近辺には、1日中いれる街がある。


カフェや、生活雑貨のお店、銭湯などが近所にあり、

また鴨川にもほど近い。


とても気分よく過ごせる街である。


ぜひ一度、足を運んでみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、そのお金で本を買って読みまくりたいです...! よろしくお願いします...!

ありがとうございます!嬉しいです!
4

hirame(ヒラメ)

hirameによる、京都のおすすめ

「定番」とはちょっと違う、住んでわかった京都の魅力を、京都在住3年目の大学生がお伝えしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。