~耳からうどん~見えない相手と話す人。

最近、ワイヤレスイヤホンを使う人が

身の回りで増えた。



代表格はアップル社のAirPods。

なんと2万円もする代物だが、やはりケーブルがない

というイヤホンは便利そう。


今でこそ、街でAirPodsをしている人を見かけても

なんとも思わないが、


発売当初は

「耳からうどん」

と揶揄されていた。


確かに耳からうどんが

垂れているように見える(笑)




だが、歴代の家電や、

スマートフォンもそうであったように、

人々は、便利なものを受け入れ、

最初は違和感を感じる「物」でも

受け入れることができる。





だが、

私がなかなか受け入れられないものがある。



それは、マイクの付いたワイヤレスイヤホンで

通話をしながら歩く人。


通話をする本人からすれば

イヤホンをして通話をしているだけなのだが、


こういった人をはたから見ると、


「ひとりで喋りながら歩く人」に見える。



当人は、ワイヤレスイヤホンで

相手とつながっているが、

私たちには、その相手が見えない。



また、私たちには、

会話の内容ももちろん聞こえないので、

急に笑い出す人や、大声を出す人がいて

びくっとさせられる。



この現象にも

私たちは慣れていくのだろうか。

いつか「当たり前」になるのだろうか。

とても興味深く感じている。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし僕の文章を気に入っていただけたら嬉しいです。

ありがとうございます!嬉しいです!
16

hirame(ヒラメ)

京都在住の大学生、hirameです。仙台出身です。大学生活/サッカー遠征/京都/本屋/映画/音楽など様々な記事を書いていきます!フォローして頂けると幸いです・・・!

hirameの雑文集

hirameが書いた様々な雑文たちです〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。