見出し画像

地域ガチャとりあえず完成!

ひらめきドアのガチャガチャ第1弾、「イタシコラリア」が完成しました。

前回の記事であったように、カプセルのサイズとガチャマシンの排出機構を調整すべく、夜な夜な、段ボールとカッターを持って、おとなりスタンド&ワークスへ。

画像1

画像2

排出する穴に、一度に2つのカプセルが入ってしまうように思われたので、内側に壁をつくって、通過量を調整します。段ボールを幅3cm、長さ30cmにカットして、写真のように丸めました。

画像3

画像4

画像5

段ボールのリングをきつきつにすると、摩擦でカプセルが落下しなくなるので、2個落ちなければいいという感じで大まかな内枠を作成。テストしてみると、イイ感じの1つずつ通過に成功

画像6

後は、中身をせっせと作って増産。とりあえず、20個くらいセット完了。ここは完全に内職やっている人みたいに見える、地道なくり返し作業です。

画像7

画像8

画像9

セット完了後に最終テストしてみると……また2個出てるじゃん。

いや、よく見ると違いました。

本当の原因は排出機構ではなく、値段設定の仕組みが壊れているっぽい。200円に設定しても、400円に設定しても、100円入れて1回転させるごとにガチャがでてきてしまっている……200円なら2個、400円なら4個出てきてしまうという状況。

そこの仕組みがダメになっているとは思っていなかった……どういう仕組みで問題が生じているのか、またじっくり見てみないとなあ。

というわけで、しばらくの間、100円販売することに

画像11

画像10

板橋区の形を愛でる地域ガチャ明日から販売開始です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
2

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。