見出し画像

オープン企画室 第1回

今月から定例会とは別に、企画打ち合わせを実験的にオープン開催してみることにしました。

第1回は、松本と久保さんの2人で、「板橋の坂道オブジェ」「ガチャガチャ商品」などを中心に話しあうつもりで開催。プロジェクトメンバーから永瀬さんと川島さんが当日参加してくれたほか、告知を見て参加してくれた方が3人いて、合計7人の楽しい会議になりました。

話し合った内容について、メモ的に項目を残しておきますが、写真の方はそれとは別に、話し合いしながら完成させた指先タケトンボの制作模様です。

画像1

画像2


話し合いのメモ
【坂道オブジェ】まず身近な坂の測定と試験作成を開始。坂の各地点の角度はスマホで実測。形は地図を参考に立体化を試みる。一作目は試行錯誤があると思うので、気長に無理なくやっていこう。
【地域ボードゲーム会】イベントというより講座として成立可能な形にしたいので、冒頭に知識解説などを少し入れる。提供可能なゲームについて、互いのルール理解などを来週確認することに。
【データ共有】メンバーが別々に制作した地図データなどを共有するしくみをつくっておくと、水平にさまざまな作品開発が可能。準備をする。
【紙ずもう】3Dプリンタで紙ずもう的なデータを出して遊べるのも面白い。板橋のキャラを使うとまた面白そう。商店街だけでなく学校のゆるキャラなどもいい。
【そのほか】ビルずもう、森ビルTシャツ、おもちゃフェスティバル、暗渠ツアー、地域ボードゲーム開発ワークショップ、防災感謝祭など

画像3


画像4

画像5

画像6

指先でビューンと飛ばす写真のオモチャは、参加してくれた「プレイフルいたばし」の小澤さんから制作の宿題になっていたものです。途中の失敗を経て、最後はちゃんと飛んだので嬉しかった!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
1

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。