見出し画像

プラグキャップ・ヨットが完成

自分がゼロから考えて設計した、初めての3Dプリンタープロダクトになると思う。お店のプラグさしに使う、プラグキャップが完成した。

僕らの現在の活動拠点となっている「おとなりスタンド&ワークス」というお店のコワーキングスペースでは電源が机の上にあるので、コンセントにほこりが入るのを防ぐためのプラグキャップがついている。

このプラグキャップを抜くと、置き場がなくなってしまい、その辺にポンと置かれることになる。まあ、それでもいいんだけど。置き場の明らかなプラグキャップをつくってみようと思い、イメージをノートに書いてみた。

ここから、約2か月、仕事の合間をぬってプリントしたり作り直したりして、ようやくプラグキャップ・ヨットが完成した。

まだ改善すべきところはあるのだけど、まずは形になってよかった。この初めての制作過程でいろいろ学んだこともあるので、近く、それもまとめてみたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。