見出し画像

地域ボードゲーム「いたばしケイサツ」テスト2回目

製作中の地域ボードゲーム「いたばしケイサツ」2回目のテストプレイを実施しました。

前回のテストプレイを踏まえた修正など、いくつか変わっています。
前回のプレイは予想された通り、元ネタになっているスコットランドヤードと比べ、怪盗側がとても不利だったので、そのバランスを撮りました。

・マス目と経路の増加。全体として約30マス増えた。
・板橋ネタを込めた特殊カードを、警察が使う「ポリスチャンスカード」ではなく怪盗が使う「X-CARD]に変更。
・デザインとして細かい改善&下地に使っていた地図画像を削除して、自作の地図を配置した。

今回は、プレイフルいたばしの小澤さん、東京おもちゃ美術館の倉島さん、前回の3Dスティックプリンター講座に来てくれた熊谷さんが参加してくれ、4人でテストプレイ。

1回目は小澤さんが怪盗役、2回目は倉島さんが怪盗役でプレイ。どちらも警察が勝ちましたが、小澤さんはあと一歩のところまで逃げることができたので、バランスとしてはそこそこのところに近づいていると思います。

次のテストに向けた残りの微調整は、地図デザインのさらなるブラッシュアップ(情報の分かりやすさ)と、現在はスコットランドヤードから流用しているコンポーネントの制作、最初の配置決定ルールの見直しといった感じです。

最後に、「外道バシッ!下頭橋」のテストプレイ2回目もトライ。元ネタとなっている「チャオチャオ」を倉島さんがよくご存知だったので、改善点についてとても適確なアドバイスをもらえました! 次の段階に向け、サイコロの見直し、嘘指摘方法のルール整備、やっておきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
2

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。