『マチネの終わりに』第九章(16)

 最後のジーグを弾き終えると、蒔野は、スタンディング・オベーションでその演奏を讃えられた。洋子ももちろん立ち上がって手を叩いた。

 蒔野は、感極まった面持ちで会場の全体を見渡し、一礼した。舞台袖に下がって、また戻ってくると、アンコールに《ヴィジョンズ》と《この素晴らしき世界》を演奏した。ようやく少し安堵したような表情だった。すっかり満足した聴衆も、ほとんど歌い出さんばかりの様子で、洋子の隣の夫婦は、実際に小声で歌詞を口ずさんでいた。

 二度目のアンコールに応えて、再び舞台に登場した蒔野は、この日初めてマイクを手にして英語で話を始めた。感謝の気持ちを伝えたあと、

「ここの会場は初めてなんですが、音もとても素晴らしくて、演奏していて、とても良い気分でした。近くにセントラルパークもあるし、……今日はいいお天気ですから、あとであの池の辺りでも散歩しようと思ってます。」と続けた。聴衆は、そのやや唐突な〝このあとの予定〟に、微笑みながら拍手を送った。洋子は、彼の表情を見つめていた。

 蒔野はそして、一呼吸置いてから、最後に視線を一階席の奥へと向けて、こう言った。

「それでは、今日のマチネの終わりに、皆さんのためにもう一曲、この特別な曲を演奏します。」

 洋子は、微かに笑みを湛えていた頬を震わせ、息を呑んだ。蒔野がこちらを見ていた。そして、「みなさんのためにfor you」という言葉を、本当は、ただ「あなたのためにfor you」と言っているのだと伝えようとするかのように、僅かに顎を引き、椅子に座った。

 ギターに手を掛けて、数秒間、じっとしていた。それから彼は、イェルコ・ソリッチの有名な映画のテーマ曲である《幸福の硬貨》を弾き始めた。その冒頭のアルペジオを聴いた瞬間、洋子の感情は、抑える術もなく涙と共に溢れ出した。……

        *

 終演後、蒔野は独りセントラル・パークを散歩しながら、午後のやわらかな日差しに映える美しい木々の緑を眺めていた。週末で家族連れも多く、芝生のあちこちでピクニックや日光浴を楽しむ人の姿が見えた。

第九章・マチネの終わりに/16=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

▲ヴィジョンズ

---------

『マチネの終わりに』読者のみなさまへ

今後の『マチネの終わりに』についての最新情報、単行本化のことなど、平野啓一郎よりメールでお伝えします。ご登録お願いします。

登録はこちらから

▶︎ https://88auto.biz/corkinc/touroku/entryform4.htm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

63

平野 啓一郎

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中

コメント10件

for you は英語だと文の最後に置かれますよね。英語の語順を考えると感動が増します。英語のyouが単数と複数が同じであり、表向きにはみんなに言っているとしながら洋子だけに分かるように、このyouは単数形なんだよとしていることにも心を打たれます。それを聞いた洋子の気持ちを考えると、ジーンときます。そして、平野さんが、それを上手にさらりと説明されるところが、さすがだと思いました。ただ、「最後のジーグを弾き終えると、蒔野は、スタンディング・オベーションでその演奏を湛えられた」とありますが「讃える」ではないのかしら?と思いました。(私の読みが浅いだけなのかもしれませんが‥‥そうだとしたらすみません)
>fleurさま
ご指摘の箇所、修正させていただきました。ありがとうございました。(スタッフ)
次回が最終回なんですね!ああ〜
まさにマチネの終わりにのタイトルの意味が鮮やかに心を貫きます。for youに込められたや洋子への想い二人を繋ぐ絆。蒔野さんのあの時あなたを愛してた伝え、その気持ちは音楽にこめられ永遠に確かなものに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。