『マチネの終わりに』第八章(22)

「でも、一生懸命なマルタは、かわいそうじゃないですか?」

「マルタはかわいそうね。……でも、イエスも、マルタが妹を咎めるまでは、彼女が忙しく立ち振る舞っていることに、何も言わなかったでしょう? マリアから、たった一つの『必要なこと』を『取り上げてはならない』っていう言葉には、マルタの不安を鎮めようとする響きもあるんじゃないかしら。」

「えー、……でも、マルタだって、本当はただ、イエスの側にじっとしていたいでしょう? けど、そしたら、誰もイエスをもてなす人がいなくなってしまう。だから我慢して、一生懸命、動き回ってるんじゃないんですか? マルタは別に、妹に手伝ってほしかったんじゃないんだと思うんです。ただ、イエスにその気持ちを知ってほしかったんじゃないですか?」

「それでもやっぱり、これは信仰の問題なのよ。ある時、突然、神に語りかけられる。その存在を間近に感じる。それは、決定的な瞬間なのよ。日常的な時間の流れとは断絶がある。――その時には、ただ神の下で、その言葉に耳を傾ける以外にない。イエスは、マルタを理解した上で言ってるんじゃないかしら? 神のために尽くすことを考えるあまり、彼女はその決定的な瞬間に、神から遠ざかってしまっているんだから。」

「洋子さんは、やっぱり、マリア派なんですね?」

「――派っていうか、……」

「この話、今まで誰としても、わたしも含めて、みんなマルタ派だったんです。――じゃあ、もし、イエスが神じゃなくて、ただの人だったら? やっぱり、誰かが彼をもてなさないといけないでしょう?」

「イエスがただの人だったなら、マルタはゲストの彼に妹の怠惰を言いつけるんじゃなくて、マリア本人に、ねぇ、ちょっと手伝ってよ、とか、代わって、とか言うべきでしょうね。」

 洋子は、この不毛な神学論争を終えてしまいたい気持ちで、そうユーモアを交えて言った。

第八章・真相/22=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

平野 啓一郎

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

一生懸命なマルタに早苗さんは自分を投影して、その間愛されてた洋子さんに怒りにも似た感情もってたのでしょうね。洋子さんに贖罪の意識があまり感じられません。
「あたしはこんなに頑張ってるんだから、その分感謝され、より愛されて然るべきよ!」女の人によくある理論ですよね。一生懸命尽くすことに見返りを求めることの醜さ。人類永遠のテーマなのですね。聖書は古くて新しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。