ある男|18−5|平野啓一郎

「はい。伝えておきます。」

「それから、依頼人は、谷口恭一には、この連絡先を決して教えないでほしいとも言っています。」

「わかりました。──いずれにせよ、曾根崎さんに面会して、詳しい話をさせていただきたいのですが、ご本人にお伝えいただけますか? 場所は、どこでも伺いますので。」

「はい。……」

「よろしくお願いします。」

「はい、……じゃあ。……」

回線が切れると、城戸は天を仰いで、しばらくそのまま、ぽかんと口を開けていた。

美涼がストーカーだったら、という中北の尤もな懸念は、杞憂のようだった。「謝罪」というのが何を意味しているのかはわからないが、恐らくは、何も言わずにいなくなってしまったことだろう。

言葉少なの会話だったが、城戸は、彼の中に、美涼に対する強い未練を感じた。しかもそこには、近年になって寧ろ膨らんできているような艶があった。

城戸は、あまりいい生活をしていなそうな彼に同情しつつ、かつて宮崎のバーで、「谷口大祐」と名乗って、見知らぬバーテンに美涼との恋愛関係まで喋った自分を思い出し、羞恥心を抱いた。そして、自分の中に、嫉妬と呼ぶより他はない感情の燻りを感じた。

翌日の日中、美涼に電話をかけ、やりとりの内容を伝えると、

「絶っ対、それ、ダイスケですよ! なんかもー、目に浮かぶ。……第一、わたし、曾根崎義彦なんて人、知らないですし。」

と言った。彼の謝罪の言葉を伝えると、美涼はただ、力なく笑っただけだった。

「城戸さん、会いに行くんですか?」

「そのつもりですけど。先方は多分、承諾すると思います。僕も、そろそろこの〝探偵ごっこ〟を終わらせたいですし。」

「わたしも、一緒に行こっかな。」

「ああ、……行きます? 訊いてみましょうか。」

「嫌だって言ったら、『謝るなら、ちゃんと会って言ってほしい。』って、わたしからのメッセージ、伝えてください。絶対、わかったって言うと思う。」

城戸は、Yoichi Furusawaに美涼の意向を伝えた。彼の依頼人である「曾根崎義彦」は、会いたくないと言っているらしく、美涼に言われた通りのことを伝えると、しばらくして、「曾根崎氏は、後藤さんも来ることに同意しました。」という返事が届いた。

三月第一週の土曜日を指定された。面会場所は、名古屋だった。

読者のみなさまへ

この続きは平日毎日noteにて掲載します。
また、平野啓一郎公式メールレターにご登録いただくと、毎週金曜日に先行して無料で続きを読んでいただくことができます。コメント欄での作品へのご意見やご感想もお待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

平野 啓一郎

ある男|平野啓一郎 連載小説

平野啓一郎の最新長編小説『ある男』を平日毎日連載中。 また、平野啓一郎公式メールレターにご登録いただくと、毎週金曜日に先行して無料で続きを読んでいただくことができます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。