見出し画像

『マチネの終わりに』第八章(24)

「洋子さん、知らないと思いますけど、二人でここまで辿り着くのは、言葉に出来ないくらい大変だったんです。蒔野は、ギターに指一本触れられない状態が一年半も続いて、その間、本当に藻掻き苦しんだんです。そこから、猛練習して、やっと、……やっとなんです。今はまだ、いつ元の木阿弥になってしまうか、わからないような不安定な状態です。彼を煩わせないでください。お願いします! 彼の努力をふいにしないでください。わたしが彼のために尽くしてきたことを、台なしにしないでください。洋子さんは、蒔野にとってのマリアのつもりなのかもしれませんが、彼に必要なのは、マルタのように彼の人生の面倒をみんな引き受けられる人間なんです! ただ気が合うとか、喋ってて楽しいとか、そういう非現実的なことじゃないんです。どうして今頃になって、また彼の前に現れようとしてるんですか?」

 洋子は、気色ばんで必死に訴える彼女を見ていて、なぜかむしろ、リチャードから言われた「君は冷たい。」という一言を思い出した。

 彼こそは、まさに自分にマリアのように、ただ傍らに寄り添って、その話に耳を傾けてほしかった人ではなかったか? そして、自分は決してそうではなく、といって、マルタのように彼に尽くすわけでもなかった。

 蒔野に対しては、自分は早苗の言う通り、マリアであり得たのだろうか? そして、それでは彼は立ち直れなかったのだと。しかし、エックハルトは、マリアもいずれは、時間と共にただ神の傍らにあるという「歓喜と甘美さ」から発って、マルタのような「永遠なる浄福」のために、事物の傍らに立って「奉仕の生活」を始めると説いたのではなかったか。……

 洋子は、そんなことを長い一瞬に思索し、結局、こんな考え方の何もかもが間違っているのだと結論した。決して信仰ではない。自分はただ、彼を愛していたのだからと。そして、早苗はまさに、蒔野を信仰するかのように愛してきたのだということが、ひしひしと伝わってきた。その愛の渦中で、今、一つの命が彼女の体に宿っている。

 洋子は、何も言えずに黙っていた。

第八章・真相/24=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

38

平野 啓一郎

小説家です。著書は小説『ある男』『マチネの終わりに』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ『私とは何か「個人」から「分人」へ』など。

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つ のマガジンに含まれています

コメント7件

早く真実が分かって、早苗は蒔野さんに軽蔑されてほしい。
うーーーん。我、凡人にて早苗さん側だなあ。子を宿したという事実が彼女をこうまで強気にさせるか。
韓国ドラマだったら早苗さんは完璧敵役ですが、彼女なりの論理に圧倒されます。確かに尽くして感謝され結婚しました。でも愛し合い結ばれたのではなく、魂の共有してる世界を持った2人を偽メールで別れさせ、その結果ですから。それに触れずまた会うなと言うのは論理が破綻しています。
蒔野さんのギターが行き詰ったのは洋子さんのせいじゃない。洋子さんはミューズだ。それに、復帰したのは早苗のおかげなんかじゃなくて蒔野さん自身の努力のたまものだ。厚顔無恥な早苗よ!思い上がりもたいがいにしてほしい。蒔野さんに今の会話を全部聞かせたい。さもないと、彼の音楽人生が貧相なものになる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。